最近の記事
(01/03)Webサイトを丸ごと保存し、iPhoneでオフライン表示させる 〜WebsiteExplorer+GoodReader(WindowsPC)
(01/02)iPhone カメラロールの保存先フォルダー
(10/26)ECサイトについて勉強中
(09/08)GoPro HD ファームウェアアップデートがようやく公開
(09/03)ヤフオク落札品で空撮機材製作中
(08/16)ルービックキューブ 神の数字は「20」と証明 〜iPhoneアプリ CubuCheater(公開停止)は何手で完成?
(08/15)kobank.jp 「パラグライダー用語辞典」 
(08/14)超すすすめ 〜無料オンラインストレージ NEVER Nドライブ
(08/13)iPhone備忘録 〜必見! iOS4.02にアップデートしない(できない)場合でも最低限やっておきたいこと PDF Patch (要JB)
(08/03)iPhone備忘録 〜カメラシャッター音を消す
(07/31)完成! 3Dパラグライダームービー 〜編集後記
(07/28)YouTube、Flash動画・アルバムの全画面表示(フルスクリーン)で真っ白になったときの対策 〜ハードウェアアクセラレーションをオフ
(07/16)StyleTap iPhone版が新発売 〜フライトシーンを変えることになるかも
(07/16)Google Earth 5.2 〜軌跡トレースのアニメーション化で苦戦中
(07/15)パラグライダーヘルメットをカメラヘルメットに改造 第3弾 〜 GoPro HERO専用ブラケット取付
(07/13)iPhone3GS備忘録 〜UserAgent関連サイト
(07/12)iPhone3GS備忘録 〜iTunes同期にケーブル不要 Wi-Fi同期できるWi-Fi Sync(要JB)
(07/12)一夜漬けで学ぶ今年(2010年)の異常気象
(07/11)iPhone3GS備忘録 〜iPhoneをアルチバリオメータ化するアプリ theVariometer iVariometer
(07/10)iPhone3GS備忘録 〜TinyUmblleraでiOS 4のECID SHSH1を取得・保存する
2006年02月17日

■ ナチュラル ハイ 2nd. LIVE TOUR 2006〜KEY〜 福岡ライブ 2006/2/17

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

お待たせしました。1/31の東京公演に遅れること2週間余。ついに2nd.LIVE福岡公演の日が訪れました。

2nd.LIVE東京公演が相当な盛り上がりだったことは公式サイトやファンの方のブログで読んでおり、 この2週間を楽しみに待っていたのでした。

日時 : 2006/2/17 (金) open18:30 start19:00
場所 : 福岡Rooms

 会場のRoomsは福岡中心部天神から徒歩5分 (3階)

予約チケットの整理番号は1番。18:30の開場少し前に到着し、 余裕で良い席を確保と考えていたのですが、仕事の終了予定が遅れ、急ぎ自宅に戻ってシャワーと着替え。 18時に自宅を出て途中お菓子を買って会場には着いたのが18:35。

会場は3階とのことで、大急ぎで2階まで駆け上がるとすでに入場は始まっており、しかも階段には長蛇の列。スタッフの声で 「整理番号70番までのお客様までどうぞ」との声がします。

しまった、これではとても良い席どころか、後部座席であきらめるしかないか。

まあ今さら先に入れてもらっても良い席は無理と、そのまま長蛇の列に続いて入場しました。

ちょうど会場の横手から入場する形になりましたが、100席ほどの椅子席の半分以上がすでに埋まっています。

半ばあきらめながら、今日は一人だからと少しでも良い席が空いていないかとよく眺めてみると、なんと、 ピアノ側の最前列に左から2席誰も座っていない席があるではありませんか。だめもとでとお隣の方に聞いてみると空いていますとのこと。

何と・・幸運の女神は私のために、カオルコさんの直前の最前列を空けて待っていてくれたようです。

これぞ奇跡。整理番号1番を引き当てたご利益というべきでしょうね。

2階踊り場から3階の会場に上がる階段前からは二人のポスターがお迎え

良い席を確保できてほっと安心。荷物を椅子に置いて早速今回の公演の目玉のアジのヒラキさん特製のTシャツと、 アルバムの特典引換券の交換へ。会場の後部に設けらえた販売コーナーではまだTシャツは売り切れずに入手することができました。

その後ドリンク券と交換したハイネケンを片手に会場後部からしばらくステージを眺めていました。 前回のライブ会場よりはスペース的には狭いのですが、すでに福岡からなくなってしまったBLUE NOTEを思わせるライブ会場らしい雰囲気が伝わってきます。

ステージ上にはこの会場の備品らしいグランドピアノも用意されていて、東京公演での風味堂 渡和久さんとのセッションがない分、 グランドピアノを配置しても余裕はありそうです。

東京公演のステージ配置を描いてくれた88KEYさんに倣って私も見取図を描いてみました。

違いがお分かりになりますか。グランドピアノはこの会場の備 付ならばYAMAHA C5とのこと。 私は楽器はさっぱりですので間違っていたらごめんなさい。

福岡では開場から開演までは30分。東京公演が1時間ですからそれよりは短いようですね。この間カオルコさんのPIANO SESSIONが心地よいBGMとなって、まもなくライブが始まるかと思うと否が応でもはやる気持ちをリラックスさせてくれます。 静かに静かにそのときは訪れようとしています。

とBGMが止み照明が落とされ、一瞬の沈黙。ほの暗いステージの中をサポートメンバーに続いてカオルコさん、ユウさんが登場。うわ、 やはりカオルコさんは目の前です。

ついに始まった2nd.LIVE。

 M-01:Interlude I 

力強いピアノの鍵盤ので出しが会場に凛と響き渡ります。

 M-02:ピアノ弾きの恋

 一気に会場がライトアップ。とシルエットだったカオルコさん、ユウさんがライトアップされるとまず感動は、 二人の衣装がとても素敵だったこと。昨年のライブと比べても、前回の夏のライブ以上に今回、 冬のライブとは思えないほど衣装が熱かったですね。CDのライナーや写真などからの私の衣装予測は嬉しく裏切られました。 初っ端から激しく飛ばしています。ユウさんは少し離れて見えますが、本当に張りのあるボーカルはかなりのハイテンション。 ぐいぐいと会場をリードしていくようです。

 M-03:だから私は歌う

 なるほど88KEYさんのレポート通りドラムの4つ打ちが新しい感覚で耳に届きました。アミさんのコーラスも心地よかったですね。

 M-04:恋愛リミット

 ユウさんのピアニカ初めて聴きました。ピアニカを持つ姿がなんといっても格好いいです。

 MC1

ユウさんの挨拶。”セカンドアルバムKEYからの曲をたくさんお届けしますね”

 M-05:Butterfly

 私も正直ナチュの曲の中で歌詞を満足に覚えているものはありません。(ごめんなさい) でも、 歌詞は自然と聞き手である私の中にメロディーと一体となって自然に入ってくるという新鮮な感覚を覚えたのが私にとってのナチュラルハイでした。 邦楽ながら洋楽を楽しんでいる感覚。でも一度ゆっくりと歌詞カードを読んでみると曲にこめられたナチュの思いを新発見できるのでしょうね。

 M-06:LIFE

 セットリストの予習はしていても、ほんとこれ何の曲だったっけと思わせる斬新なオープニング。 ナチュにとってこのナンバーは外せません。

MC2

 カオルコさん>最初から飛ばしまくってます。アルバム以上に今日は盛り上がっていこうと思ってこの頭(髪)してきました!・・・ おおいつもに増して鶏冠が。衣装も、白のレッグウォーマーもなかなか素敵ですよ。

 カオルコさん>アルバムがですね今回セルフプロドゥース・・・ ああ大事なアルバム紹介を噛んじゃいました。 ユウさんすかさず突っ込む。ラジオ絵巻の2人に戻った? この後もちょっと文章では書きづらい表現もあったりで、 会場の笑いとユウさんの突っ込みがバシバシ入っていましたね。

 この後もカオルコさん今回のセルフプロデュースアルバムKEY誕生秘話が面白いエピソードも交えながら語ってくれました。

 M-07:カゲロウ

 スタートからのテンションの上がりすぎを抑えるためにと、カオルコさんが始めたピアノの弾き語り。 この曲を書いた経緯をしみじみと語りながら、ユウさんのボーカルに引き継ぐ。CD発売前初めて公式サイトでこの曲のさわりを聴いたとき、 心が震えました。やがて発売されたKEYで全曲を。そして今夜はライブで。本当に感動しました。

 M-08:NO PIANO NO LIFE(piano session KW009)

 ごめんなさい。NO PIANO NO LIFE CD購入していなかったので、 最初カオルコさんのソロとだけしかわかりませんでした。どこかで昔聞いたワルツ。後段にNO PIANO NO LIFEが入っていたのを覚えていたので、公式サイトの情報からpiano session KW009としました。 このため実際CDとライブではどう違っていたかはわかりません。でも間違いなく生ピアノを目前で聴けて、これ以上の満足はありません。

 M-09:Allegretto

 ここで今日初めてTRITONに向き合ったカオルコさん。これまでのピアノから一転シンセの響きが会場を包みます。CROSS FMのDJを務めるTOGGYさんも参加したというこのナンバー、 もしかしたら突然本人飛び入り参加も期待されましたがそれはさすがになかったですね。間奏中にサポートメンバー紹介。ユウさんのShall We Sing?!に合わせて会場全員でLah Lah Lahを大合唱。前回のライブは少しキーが高くて男性は歌いづらかったのですが、 今回は男性でも無理なく合唱できました。

 M-10:NATURAL HIGH!

 彼女たちのユニット名が付されたこのナンバー、私は大好きな曲の1つです。TRITONのハープシコード調のイントロや間奏、 TOY PIANOも入っていて軽快に楽しめました。


 M-11:rag time,bad time

 結構このナンバーが好きですという投稿を見かけますね。MCでは、 今回のKEYでは洗いざらい自分たちのことを知ってほしいと自分たちが失恋したときのことまで曲にしちゃいましたと笑って話していましたが、 さてさてこれはどっちのフラレ話? 失恋も彼女たちにかかるとクールな1曲に生まれ変わります。


 M-12:NO PIANO NO LIFE

 自分たちはやはりピアノがないと生きていけないことがわかった。 88の鍵盤に対する彼女たちのそんな思い入れをライブではさらに熱く感じました。

(アンコール)

 MC3

MC3で2人のラジオ絵巻トークが生で聴けましたよ。

 ユウさん>ラジオ絵巻など思い入れのある福岡にライブで帰ってこれてとても嬉しいです。
 カオルコさん>福岡はおいしい食べ物があっておいしいお酒があって・・・
 ユウさん>カオルコあんまりお酒飲めないじゃん。
 カオルコさん>まあ聞いてよ。打ち上げとかいったら皆さん最初ビールですよね。私は違いますよ。私はイモ焼酎ロックなんです!
 会場>おーーっつ!
 ユウさん>それを2時間以上かけてチビチビやってます!(ツッコミ)
 カオルコさん>周りから勧められてもいやまだ私はもうちょっととか言ってね。でラストオーダーだからと言われてじゃあ熱いお茶って。 (爆笑) 

 M-13: プロローグ

 2005年最初のシングル「プロローグ」から始まったセルフプロデュース。彼女たちの道しるべとも言えるこのナンバー。迷ったとき、 悩んだとき、そしてこれからどんな道を歩もうとも、 彼女たち自身そして私たちファンもこの1曲が彼女たちの原点であることを忘れないでしょう。(格好良すぎましたか)

 M-14:LAH LAH LAH

 PVを初めて見たとき相当引き込まれ、繰り返し見ました。素晴らしい1曲です。 東京公演でもセットリストに入っていたので私も再びライブで聴けることを待ち望んでいました。

 M-15:I THINK OF YOU

 彼女たちが彼女たちの音を聴いてくれている人たちへの感謝を込めて書いた曲。むしろ感動と感謝を言いたいのはこちらの方なのですが。 私たちはどうやって感謝を表現してよいのでしょうね。言葉では言い表せないのですが、今日ライブに行きたくても来れなかった人たちのために、 つたないレポートですがまとめてみたつもりです。1人でも多く彼女たちの音を聴いてくれる人が増やしていければ。 そういう思いを感謝に代えさせてもらいました。

ライブを終えて

 本当に最高に楽しいひとときでした。

 いま私は40歳代。年甲斐もないと言われそうですが、20代の頃のように心ときめかせてくれるナチュラル ハイ。

 最高のライブをありがとう♪

 このところ私はずっとラジオでのナチュラル ハイだけを追い求めていたのかも知れません。

 福岡CROSS FMでのラジオ番組”ラジオ絵巻”が終了して半年。 毎回音楽とともに2人のナチュラルなトークを楽しみにしていました。 番組終了後は年末のカウントダウンライブやオールナイトニッポンRなど久々にラジオに出演してくれる2人のトークが聴けること嬉しく思ってきました。 しかし今夜のライブでは、改めてナチュラル ハイの原点である音楽に立ち戻って感動を味わえたことが最高でした。

 ときに強く、そしてときに一人過ごす時間に感じる心の弱さを互いに支えあいながら、 これまで2人歩み続けてきた音楽の道をPureな気持ちで紐解いて見せてくれた今夜の2nd.ライブ〜KEY。

 福岡での次回ライブにも必ず行きますからね! 

 

長文最期までお読みいただきありがとうございました。

P.S 福岡LIVEレポート こちらのブログもぜひどうぞ! いいお仲間ができそうです。

   ♪komiのひとりごと♪

   

 

 

          福岡公演セットリスト

M-01:Interlude I
M-02:ピアノ弾きの恋
M-03:だから、私は歌う
M-04:恋愛リミット
(MC1)
M-05:Butterfly
M-06:LIFE
(MC2)
M-07:カゲロウ
M-08:NO PIANO NO LIFE(piano session KW009)
M-09:Allegretto
M-10:NATURAL HIGH!
M-11:rag time,bad time
M-12:NO PIANO NO LIFE
(アンコール)
(MC3)
M-13:プロローグ
M-14:LAH LAH LAH
M-15:I THINK OF YOU

間違っていたらごめんなさい



          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:43 | Comment(4) | TrackBack(3) | ナチュラルハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年01月31日

MUSIC ON TV ナチュラルハイ(2) 2005/1/31

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

先週に続いて昨年11月母校東京音大の芸術祭に出演したナチュラルハイの模様がMUSIC ON TVで放映されました。 芸術祭が開催されている構内を番組VJ須藤元気さんと廻りながら、模擬店で輪投げや焼き鳥を楽しむナチュの2人は、母校でのひととき、 旧友や恩師との再会を心から楽しんでいるようでしたね。で今回の目玉は何といっても旧友が持っていたナチュ音大生当時の懐かしい写真。 2人とも初々しいですね。

   

前回のオンエアと合わせて貴重なコレクションができました。さてセカンド・ツアーも始まり東京(渋谷) での盛り上がりは相当だったようですね。2/17(金)福岡ライブが楽しみです。

ナチュラルハイと須藤元気さんのトークがアップされています  http://buzzplus.jp/no1tv/artist/060201_nh01.php

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | ナチュラルハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年01月28日

ナチュラル ハイ オールナイトニッポンRに初登場 2005/1/28

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

ナチュラルハイがオールナイトニッポンに初登場。私も小中学校当時はよく聴いていたものですが、 さすがにいまの歳で深夜3時からの番組を聴くためには、相当気合を入れて起きていなくてはなりませんでした。 私が聴いていた当時のDJは笑福亭鶴光(師匠)や海援隊など。 そうそうホリエモンの買収騒ぎのときニッポン放送社長だった亀渕昭信さんも名物DJでした。あれから35年近く、 いつの間にか2部構成となり、土曜日は週替わりで「R」が付くのですね。 でもナチュラルハイの掛け声ととものあの懐かしいオープニングミュージックを久しぶりに聞いたときは本当に懐かしく、 しばらく中学生当時に戻ってしまいました。

全国放送のオールナイトニッポン初登場ということで、ナチュの2人も出演前は相当緊張していたようですが、 最初から軽快なトークの連続でとても良かったです。ピアノを持ち込んでの生ライブも素晴らしかったし、 番組関係者からも十分高評価だったに違いありません。これなら十分レギュラーいけますよ。1時間半があっという間に過ぎてしまいました。

また貴重なコレクションができました。 

 

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナチュラルハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年01月25日

ナチュラルハイ 2nd. アルバム〜KEY はGOOD JOB ♪

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

今日発売のナチュラル ハイのセカンドアルバム〜KEY さっそく購入してきました。
福岡ではアルバム発売に先駆けて1/20 CROSS FMの「ラジオ絵巻 RETURNS」 でこのアルバム収録のうち6曲が先行してON AIRされたのですが、 どれもとてもいい感じに仕上がっていて今日のアルバム発売がとても楽しみでした。

さてと、午後に仕事の合間に街中の大型CDショップに買いに行ったのですが、店員さんに聞くと「売り切れました」。
焦りました。でももう買ってくれた仲間がいるかと思うと嬉しかった。
すぐに別のショップに走り無事購入することができました。

         
                            会場特典は???

まずはライナーノーツを開く。表紙ページ裏のKEYの数々。センスいいです。金色に輝く”88”ってライブ会場特典にならないかな。 もちろんナチュのとてもキュートな写真も印象的です。               

さっそくCDを聞いています。・・・ KEY  に込められた思いが真摯に伝わってきます。 GOOD JOB ♪

2/17の福岡ライブがますます楽しみになりました。整理番号1番

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:20 | Comment(4) | TrackBack(1) | ナチュラルハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年01月24日

ナチュラルハイ2nd.ツアーライブ福岡のチケットは何と整理番号1番

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

今日2/17(金)に開催されるナチュラルハイ2nd.ツアーライブ〜KEYのチケットが郵送されてきました。 開けると何とチケットの整理番号は1番でした。今回は指定席ではなく全自由席なので1番だとどのようになるのかわかりませんが、 とにかく嬉しいものですね。実は2枚購入したのですが、都合で1枚はyahooに出品中です。 福岡の方でチケットが取れなかったという方がおられたらどうぞ。一緒に楽しみましょう!

     整理番号1番のチケットです

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:41 | Comment(2) | TrackBack(1) | ナチュラルハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MUSIC ON TV ナチュラルハイ(1) 2005/1/24

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

昨年11月母校東京音大の学園祭に出演したナチュラルハイ。その模様が2週に渡ってMUSIC ON TVで放映中。 今夜は学園祭の準備が進む中、まずは母校の中を番組VJ須藤元気さんとナチュの2人が案内しながら、学生当時の思い出を振り返る。 当時のユウさんのマル秘ノートなども紹介されていました。

  

PV以外のナチュの映像はファンにとっては貴重なコレクション。しっかりPC録画。来週1/31も忘れずに録画せねば。 そうそう明日は待望の2ndアルバム〜KEYの発売日ですね。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナチュラルハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年01月20日

ナチュラル ハイ・ラジオ絵巻が一夜限りの復活 2006/1/20

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

実に4ケ月ぶり。お帰りナチュラル ハイ!
昨年9月までCROSS FM 土曜日夜23:00〜24:00にオンエアされていた「ラジオ絵巻」が今夜一夜限りの復活である。



名づけて「ラジオ絵巻リターンズ」。 金曜日週替わりでいろいろなアーティストが登場する特別番組で久々に2人のナチュトークを聞くことができました。 1/25発売のセカンドアルバム「KEY」が中心の番組編成だけに、トークやメッセージ紹介は少なかったものの、発売1週間前に、 アルバム収録15曲のうち6曲を聞くことができました。

CROSS FMホームページのリアルタイムプレイリスト画面を切り取ったものでリストを作成してみました。
もちろんしっかり録音、大事に保管(^^)

いや、今度のセカンドアルバム、セッション感を大事にしたというだけあってノリがいい曲ばかり。
始めて聞く曲も多かったけれど、それでいて、どこかで聞いたなと思うフレーズなんかもあり、すぐにナチュの曲だとわかる。 これはセカンドツアーも大いに盛り上がること間違いないですね。絶対買いです!

2/17(金)福岡ライブには行きますよ。レポート期待してお待ちくださいね。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 20:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | ナチュラルハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月28日

ナチュラルハイ自筆カード付(?)CDを入手 2005/10/27

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

ナチュラルハイのCDを入手しました。市販品ではないCD。ナチュの自筆(印刷)での宣伝カード付。
「プロローグ」「だから私は歌う」の2曲が入っていました。ファンにとっては貴重品です。

  

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 01:06 | Comment(7) | TrackBack(0) | ナチュラルハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月27日

ナチュラルハイ 色彩カルテ中国的碟評

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

■ナチュラルハイ 色彩カルテ 中国サイトのレビュー発見

昨日インターネット海外サイトでナチュラルハイの幻のアルバムを発見したついでに、 今日は中国のサイトで「色彩カルテ」のレビューを発見。 中国語ですのでExciteエキサイト翻訳(無料)で中国語翻訳をしてみました。・・・・・ 意味不明なところもありますが果たして評価は○か×かどうなんでしょう?でも「悪魔的」って・・翻訳なんだか笑えます。

でもこれを書いたのは「北澤」 ってなっているので日本人のようです。日本のレビューを中国語訳したのかも。

http://www.ongakuen.com/kitazawa73.htm

Natural High的作品由於大部分由龜田誠治處理, 聽起來就像椎名或是東京事變的作品,尤其是第一曲的編和唱就像極了真夜中的純潔,而專輯末段幾首慢版作品又有同一夜的影子。

嚴格來說Natural High的兩位歌手均欠缺椎名唱腔中不時流露出來的魔性,這一點和這張專輯內的詞作未能配合有關。 此張專輯瀰漫著的爵士風格和管樂的運用其實很像椎名的翻唱專輯歌手的幸福,但多數樂曲的佈局仍有所保留,樂器的使用也不太多, 只靠色士風和大提琴去支援無疑是令我覺得有點托大 或許是習慣了椎名的貝斯和吉他,Natural High的作曲就是有點軟弱無力。

不過龜田確是ケ鷁,雖然專輯內歌曲風格有點悶,但基本上能做到一氣呵成,歌曲的編排或許受到歌手本身影響,編曲功力無疑是很不錯的。 聽罷全碟,除想到椎名外,我還想到小島麻由美的歌,改天也要找出來重聽一次。

兩張專輯其實都不錯,只是珠玉在前,難免令人有先入為主的偏見。我給上7分,是近來可以一聽的作品。

正在聽Spitz的「Robinson」, 若是早點知道港日唱K大賽,我相信相馬必以此曲為參賽歌。

<EXCITE自動翻訳結果>

Natural Hig hの作品は大部分が亀田の誠治から処理するため、 聞いたところ椎名のの或いは東京の事変の作品のようで、 特に第1曲のは編んで歌ってとても本当の夜の中の浄化のようで、 特別号の粉のいくつ(か)の遅い版の作品はまた一夜の影があると。

厳格だNatural High の2人の歌手は皆椎名の節回しの中で度々現れてくる悪魔性が不十分で、 この点はこの特別号内の語が行ってと協力することができなかった関係がある。 この特別号の充満している勲爵位の風格と管楽の運用は実はとても椎名ののようで特別号の歌手の幸福をカバーして、 しかし多数の曲の配置は依然としてある程度保留して、楽器の使うのはあまり多くなくて、 色の士風とチェロに頼って(寄りかかって)ただ支援しだけにいくのがきっと私をさせて少しおごり高ぶると感じるのだ もしかすると椎名のベスとギターに慣れたので、 Natural Highの作曲は少し弱々しく力がないのだ。

亀田を越えないのは確かにすごくて、特別号内の歌曲の風格は少しむっとするが、 しかしほぼ首尾一貫していることをやり遂げることができて、歌曲のは編成してもしかすると歌手の自身の影響を受けて、 曲の技と力を編むのはきっととても悪くない。全dieを聞いて、椎名を思い付く以外、私はまだ小島と麻由美の歌を思い付いて、 後日耳が遠い一回を探し出す。

2枚の特別号は実はすべて悪くなくて、ただ珠玉は前で、どうしても先入観にとらわれる偏見があらせられる。 私はあげる7分、1缶の作品だ近ごろ。

聞いているSpitzの「Robinson」、 もし朝食は港が日K大会を歌うことを知っているならば、私は相馬は必ずだから曲が試合に参加する歌であることを信じる。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナチュラルハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月26日

ナチュラル ハイ幻のアルバムを海外サイトで購入できる?!

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

■ナチュラル ハイ幻のアルバム「bellybutton」 を海外サイトで購入できる?!

現在ではかなり熱の入ったナチュラル ハイのファンとなった私ですが、 まだCDは1枚だけ、「色彩カルテ」を持っているだけ。これから少しづつ買っていこうかなと思っています。とふと思い出したのは、 ナチュラルハイの幻のアルバムとなっている2枚のCD。

ナチュラルハイ公式ページでも案内されていませんが、 実はここでCDレーベルと内容を見ることができます。

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/NaturalHigh/discography.html

1枚は自主制作ミニアルバム"Natural High"(2002/04発売)

 1)明日は巡る
 2)果実
 3)夏の夜空
 4)ウラリヤ
 5)I love you yes I do

もう1枚が同じくミニアルバムの"bellybutton"(2000/01発売)

 1)白い花が揺れる頃
 2)媚びた体
 3)夢のあと
 4)青い光
 5)Sweet heart

 

ファンとしてはぜひ手に入れたい2枚なんですが、残念ながらすでに生産中止(廃盤)となっていて、 オークションをチェックしても手に入れるのは難しいようです。

でもそのうちの1枚"bellybutton"を入手できる海外のサイトを発見!

オーダーボタンがありこれを押すと購入手続きに進むことができました。

本当に在庫があるのかなとかなり不安ですが、購入手続きは完了。

逆輸入で相当割高にはなりますが、なんといっても幻のアルバムなんですから。

到着が楽しみです♪♪

あとは自主制作ミニアルバム"Natural High"をどなたか譲っていただけないかな。

定価の10倍、5000円でいかがでしょうか? 逆オークションよろしくお願いします。

追伸: その後もう一度このサイトでの購入手続をチェックしたらこの商品はBACKORDERなので相当待たされるなどの記載があり日本で在庫がないはずですから購入はできない可能性大。 カード決済なので引落されなければいいですが。偶然入手できる可能性に期待して結果を待ちます。 (2005/10/29記)

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナチュラルハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年09月26日

CROSS FM ナチュラルハイ ラジオ絵巻が終了してしまいました 

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

■CROSS FM ナチュラルハイのラジオ絵巻ついに迎えた最終回 2005/9/24

ついにラジオ絵巻が終わった。もう彼女たちのナチュラルトークが聴けないかと思うと寂しいかぎり。 「シュークリームあげるから番組止めないで」と番組に感想を送ったリスナーさんの気持ちに同感。 1月のテレビを見て以来2人の音楽をこれほどまでに聴くようになったのは、 単にユウさんのボーカルや香子さんのピアノに感動したからというだけではないだろう。ラジオ絵巻を通して聞かせてくれる飾らない、 素顔のナチュラルハイには本当に私を惹きつける何かがあったように思う。それほど毎週のラジオ絵巻は楽しく聴いてきた。 2年間の番組のラストを飾った曲は「プロローグ」。最終回にふさわしい素晴らしい内容の1時間だった。 番組は終わってもナチュラルハイのお二人を変わらずに応援していきたい。・・・ユウさん、香子さん番組卒業おめでとう! 

 

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | ナチュラルハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年09月11日

CROSS FM ナチュラルハイのラジオ絵巻9月24日でフィナーレ

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

■CROSS FM ナチュラルハイのラジオ絵巻が9月で終了 2005/9/10

 今夜23:00~のCROSS FMナチュラルハイのラジオ絵巻で嬉しさ一転残念なことが発表されました。

 2回目の投稿でしたがまさかこんなに早く私の投稿を読んでもらえるとは思っていませんでした。 しかもちゃんと以前に投稿していたことにも触れてくれました。内容は8月の北九州皿倉山での夜景フェスタのこと。当日が放送日の土曜日で、 CROSS FM北九州スタジオに近いこともあって2人も時間があれば立ち寄ってもらえればと思って投稿していたものです。 「100億ドルの夜景」を香子さんがうっかり「100万ドルの夜景」と読み違ったもののユウさんが気づいて訂正。そうですよね。”100万ドル” とはよく言いますが”100億ドル”とはあまり言わないし。2人も私の投稿間違いかとも思ったかもしれないけれど、 北九州市のホームページなどで確認済みですよ。百聞は一見にしかず、皆さんも機会があればぜひ訪れてください。 麓駅から山頂まではケーブルカーとリフトで約10分。山頂は海抜626mです。

ところが・・・・・・

 番組中2人から9月でラジオ絵巻が終了することが突然アナウンスされショックを受けました。 いずれは番組改編があるとは思っていましたが、まさかそれがこの9月だとは・・・・ ショックです。 今年4月から聴き始めたばかりだというのに。毎週土曜日は2人の自然体のナチュラルトークは私だけでなく、 ファンの誰もが楽しみにしていたはず。CDでは聴けない曲つくミッションなどは特にお気に入りでした。 最終回は9月24日。北九州スタジオでの生放送となります。

 

 突然の放送終了のアナウンスにショック。 9/17,9/24の2回を残すのみ

 

PS. 今日のラジオ絵巻の録音を失敗してしまいました。ダブルショック。どなたか録音されておられたら連絡くださいませんか。

 

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 00:38 | Comment(6) | TrackBack(0) | ナチュラルハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年09月01日

ナチュラルハイ ミニライブ in CROSS FM

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

■ナチュラル・ハイ CROSS FM 12th Aniniversary  ミニライブ 2005/09/01

CROSS FM 「CROSS FM 12th Aniniversary 特別番組」  Meet the RADIO 天神きらめき通りスタジオ スペシャル!

天神きらめき通りのスタジオ前特設会場でナチュラル ハイのミニライブを見てきました。ナチュラル ハイの出番は16時30分〜16時45分となっていたので、少し前に会場に到着。 今日はとても暑くてしばらく隣のデパートの1階で冷房にあたって待っていると、 ナビゲータTOGGYさんの紹介でナチュラルハイの2人がステージに登場。 8/9の福岡ライブ以来23日ぶりに見る2人はとても元気そうでした。

ステージの模様はビデオカメラでそのままスタジオのある建物の大型スクリーンにも映し出されていて、 両方を同時に見ていると小さな特設会場も何だかドームスタジオと勘違いするほどの迫力。曲はプロローグ以下3曲。 迫力あるステージを真近に見れて最高でした。やっぱりライブは感動します。 ライブの模様はそのままCROSS FMでもオンエアされています。

16:36  プロローグ

16:41 LIFE

16:45 ピアノ弾きの恋

TOGGYさんが再び現れナチュラルハイの2人とミニトーク。 先月の福岡ライブのときはユウさんに夏風邪を引かせて申し訳ないと謝る思わぬ暴露シーンも。そうだったのですね、 私はてっきり前日の公演で張り切りすぎて声を嗄らせてしまったのかと思っていたのですが。(笑) ユウさん、 香子さんからはまた福岡でライブをやるときはまた皆さんきてくださいねとのコメントがあり、拍手の中ミニライブは終わったのでした。 (^^)

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナチュラルハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年08月10日

■ナチュラル・ハイ 1st LIVE TOUR 福岡 2005/8/9

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

■ナチュラルハイ 1st LIVE TOUR 福岡

ナチュラルハイの初LIVE TOUR 〜鼓動の夏 福岡公演に行ってきました。

 8/3発売6th single 「ピアノ弾きの恋」 も生で聴けました

私は今年1月20日偶然つけたCATVで、「大嶽香子(ナチュラルハイ)Special」の放映に釘付けとなり、 食い入るように見入って以来彼女たちのファンとなってしまいました。まだまだ駆け出しのファンといっていいのですが、 4月にはダイヤモンドシティルクルでのミニコンサートで初めて生のナチュラルハイを観てさらにファン度が高まりました。

すでに40歳半ばを超えいい中年の私ですが、いいものはいい! 素敵な音楽を聴いて楽しむのに歳は関係ない! と思うのです。

会場は福岡の中心部天神の大型施設アクロス福岡1階の円形ホール。まだ新しいとても綺麗な会場です。

 ○辺りの席でした。写真の最前列(かぶりつき) は当日はありませんでした。

半分がステージ、残る半円形の会場に約100名くらいの椅子が用意されています。 丁度大学の講堂のように奥の席の方は高くなっていてどこららもステージをよく見ることができるようになっています。 ライブを楽しむには申し分ない大きさ。

私の席はCROSS FM「ナチュラルハイのラジオ絵巻」の番組中の先行予約のおかげで、最前列から2列目。 ステージからはとても近く、香子さんのピアノに近い席。ただ手前にあるキーボードの位置が高くて、 奥にあるピアノの鍵盤を弾く香子さんの手元は見えそうにありません。残念。

19時開場、開演予定の19時30分を少し廻ったところで開演となりました。

開演となってもなぜかA列の1番・2番の席が空席。席が席だけにかなりのファンだったはずなのにどうしたのでしょう。 福岡では予約はすべてSOLDOUT、当日席は販売されなかったため、チケットが欲しくても入手できなかったファンも大勢いたはずです。 もったいないことです。

それまで流れていたBGMが止み、一瞬の静けさ。

やがて朝倉真司さん(ドラム) 大神田智彦(ベース) さん登場。続いて香子さんがステージ右手奥から登場しピアノの前に座ります。 一瞬の緊張。そしてそれを一気に崩すかのように 「だから私は歌う piano session」のピアノ演奏が始まると、 もう背筋が振るえ感激の連続でした。

アンコールを含めて90分間の公演、あっという間に過ぎてしまいましたが、本当に感動し堪能しました。 ラジオでかかる彼女たちの曲をいつも聞いている私ですが、やはりライブは違います。香子さんのピアノもかなり熱が入っていたし、 ユウさんもステージ狭しと踊りながら熱唱。

少し個人的な感想を書いておきましょう。

1 ラジオ絵巻ではユウさんがおしゃべりの中心ですが今回香子さんのおしゃべりが多くて驚き

  いつもとは違う香子さんを観たかも。 ユウさんにはいつものラジオ絵巻のユウさんのように突っ込みを入れておしゃべりをしてほしかったかな。 でもラジオ絵巻の香子さんのスタートトーク話やおなじみのコーナーの話も交えて彼女たちのMCはとても新鮮で良かった。 できればもっとトークを聴きたかった

2 香子さんの足元、金色のサンダル(だったかな)  がキラキラと輝いてとても美しかった。

  手前にあるキーボードの位置が高くて香子さんのピアノを弾く手元が見えなかったのでつい足元を見ていました。

3 ユウさんがステージを下り観客席の中で歌ってくれてとても身近に感じた。

  ステージも戻ったときスピーカーにマイクのコードが巻きついていて、マイクのコードが外れるのではないか、 またはユウさんがコードに引っ張られてマイクを落とすのではないかと内心ひやひやしていました(笑)

4 ユウさんの三線を弾く姿がとても素敵だった。

5 アンコールでなかなか彼女たちが再登場しないのでハラハラしてしまった(拍手で手も痛くなりました(笑))

6 コンサート後にサイン会をしてほしかった

ますますBIGになっていくナチュラルハイのお二人をこれからも応援します!

ナチュラルハイ公式サイト http://www.naturalhighweb.com/


曲目は次の通りだったと思います。さっと書きとめていたのですが思い違いがあるかも。

朝倉真司(ドラム) 大神田智彦(ベース) 登場 

大嶽香子(ピアノ)登場  

  1 だから私は歌う piano session

白木裕子(ボーカル)登場

  2 愛カタリ

  3 プロローグ

  4 琥珀の月夜と山手通り

  5 88の色彩

  6 虚言

(MC)

  7 夏の夜空

  8 君がくれた日

  9 エドの国

 10 だから私は歌う

 11 LIFE

(メンバー紹介)

 12 青い光

(MC)

 13 鼓動の夏 kw008

 14 鼓動の夏

(アンコール)

 15 ユウさんの三線(沖縄楽器) 〜 ピアノ弾きの恋 kw007

 16 ピアノ弾きの恋

 

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 21:06 | Comment(3) | TrackBack(0) | ナチュラルハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。