最近の記事
(01/03)Webサイトを丸ごと保存し、iPhoneでオフライン表示させる 〜WebsiteExplorer+GoodReader(WindowsPC)
(01/02)iPhone カメラロールの保存先フォルダー
(10/26)ECサイトについて勉強中
(09/08)GoPro HD ファームウェアアップデートがようやく公開
(09/03)ヤフオク落札品で空撮機材製作中
(08/16)ルービックキューブ 神の数字は「20」と証明 〜iPhoneアプリ CubuCheater(公開停止)は何手で完成?
(08/15)kobank.jp 「パラグライダー用語辞典」 
(08/14)超すすすめ 〜無料オンラインストレージ NEVER Nドライブ
(08/13)iPhone備忘録 〜必見! iOS4.02にアップデートしない(できない)場合でも最低限やっておきたいこと PDF Patch (要JB)
(08/03)iPhone備忘録 〜カメラシャッター音を消す
(07/31)完成! 3Dパラグライダームービー 〜編集後記
(07/28)YouTube、Flash動画・アルバムの全画面表示(フルスクリーン)で真っ白になったときの対策 〜ハードウェアアクセラレーションをオフ
(07/16)StyleTap iPhone版が新発売 〜フライトシーンを変えることになるかも
(07/16)Google Earth 5.2 〜軌跡トレースのアニメーション化で苦戦中
(07/15)パラグライダーヘルメットをカメラヘルメットに改造 第3弾 〜 GoPro HERO専用ブラケット取付
(07/13)iPhone3GS備忘録 〜UserAgent関連サイト
(07/12)iPhone3GS備忘録 〜iTunes同期にケーブル不要 Wi-Fi同期できるWi-Fi Sync(要JB)
(07/12)一夜漬けで学ぶ今年(2010年)の異常気象
(07/11)iPhone3GS備忘録 〜iPhoneをアルチバリオメータ化するアプリ theVariometer iVariometer
(07/10)iPhone3GS備忘録 〜TinyUmblleraでiOS 4のECID SHSH1を取得・保存する
2011年01月03日

Webサイトを丸ごと保存し、iPhoneでオフライン表示させる 〜WebsiteExplorer+GoodReader(WindowsPC)

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

WebサイトをPCで丸ごと保存し、iPhoneに転送し”オフライン”で表示・閲覧する方法について備忘録として書き留めた。(丁寧な解説ではないがご容赦を)

これにより通信料や通信スピードの遅さを気にすることなく、外出先などでいつでもサイトを閲覧・表示させることが可能.。またはサイトをオフライン環境でプレゼン表示させることもできるようになる。

動作確認はiPhone3GSで行っているが、iPhone4、iPadでも可能と思われる。

iPhoneにもサイトをダウンロード・保存してオフライン表示・閲覧できるアプリはいくつかあるが、ダウンロード・保存するにはそのページを表示させておくかサイトのURLを入力する必要があり、サイト全体を解析してリンク先など含めて丸ごと保存できるアプリは残念ながらまだ見つけることができない。

そこで私が行ったやり方は、Webサイトのダウンロード・保存はPC(Windows)で行い、PCに保存したデータをiPhoneに転送する。

<WindowsPC>

まずは、WindowsPC上でサイトデータを保存するために、サイト解析機能を備えたダウンロードツール”Website Explorer”を用いる。

Website Explorer”はリンク追跡機能により指定されたウェブサイトを探査し、 その階層構造とファイル構成をエクスプローラ形式で表示してくれる。また解析したサイトから、ファイルを指定して、またはフォルダごとまとめてダウンロードすることができる。 トップレベルフォルダを指定すればサイトを丸ごとダウンロードが可能であり、サイトを予め表示させておく必要がなく、リンク先を含めて階層構造を維持したまま自動的に保存してくれる。使い方などは公式サイトを読んでいただくとして、この高機能なダウンロードツールが、個人での非商用利用は無償であり、この場をお借りして作者の梅ちゃん堂さんに感謝したい。

これでPCでサイトをオフライン表示・閲覧できるようになったが、今回はさらに保存データをiPhoneに転送し、iPhoneでオフラインで表示・閲覧できるようにすることが目的なので、次にiPhone側での準備について説明。

<iPhone>

iPhone側のアプリは”GoodReader”を使用する。有償:\350

GoodReader”はiPhoneのPDFリーダーアプリとして有名だが、このツールはSafariで表示中のサイトやURLを直接指定してサイトデータをダウンロード・保存する機能もある。

しかし、

  • 保存したいページのURLを都度指定、または表示させなくてはならない。サイトを丸ごと一回で保存できない。
  • 保存ページはPDF化されるため、サイトの構造は維持されず、リンクをクリックしてリンク先を表示させるといったことができない。

今回は目的のサイトの構造を維持したまま、オフラインでもオンラインの場合と同様に表示・閲覧したいので、この”GoodReader”によるダウンロード機能は使わない。

PC側で保存したサイトデータをiPhoneに転送し”GoodReader”で表示させる方法については以下の通り。

ここでは再びPC側の作業が必要になる。

<WindowsPC>

GoodReaderにはWifi経由でのファイル転送機能があるがこれだとファイルをひとつづつしか転送できない。これでは今回のようにまとめて複数のファイルをディレクトリ構造を維持したまま転送することができない。そこでUSB経由での転送を行うこととする。

GoodReaderのこちらの公式解説ではiTunesを起動して行う方法が紹介されている。

しかし、iTunesを起動するのが面倒なので私は「GoodReader.exe」という専用アプリをインストールして転送を行うこととした。
※但しPCにはiTunesがインストール済みである必要がある。

GoodReader.exeへのリンクは現在公式サイトから削除されてしまっているが、こちらhttp://www.goodiware.com/usb/ からまだダウンロードできるようだ。

2011-01-03_004617.jpg

リンクが削除された理由は私の方では確認していないが、iOS4以降の環境で不具合があるのではと書かれたサイトもあるので、心配ならば公式サイトの説明にあるiTunes経由でのUSB転送がお勧めである。

ちなみに私はiPhone3GS(iOS3.3) iTunes9.1の環境下では問題なく動作することを確認済。

上記サイトからWindowsPCの場合は、GoodReaderUSBWin_200.zipをダウンロードし、ZIPファイルを解凍後にPCにインストールする。

iPhoneをPCにUSBケーブルで接続後、GoodReaderUSB.exeを起動すると以下のような画面が表示される。

2011-01-02_181943.jpg

GoodReaderに転送したいファイルやディレクトリを一番右のNameと書かれたボックスへドラッグアンドドロップするだけでiPhoneに転送される。

iPhoneでGoodReaderを起動するとMyDocumentフォルダーに目的のファイルやディレクトリが表示されればOKだ。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone3GSカスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。