最近の記事
(01/03)Webサイトを丸ごと保存し、iPhoneでオフライン表示させる 〜WebsiteExplorer+GoodReader(WindowsPC)
(01/02)iPhone カメラロールの保存先フォルダー
(10/26)ECサイトについて勉強中
(09/08)GoPro HD ファームウェアアップデートがようやく公開
(09/03)ヤフオク落札品で空撮機材製作中
(08/16)ルービックキューブ 神の数字は「20」と証明 〜iPhoneアプリ CubuCheater(公開停止)は何手で完成?
(08/15)kobank.jp 「パラグライダー用語辞典」 
(08/14)超すすすめ 〜無料オンラインストレージ NEVER Nドライブ
(08/13)iPhone備忘録 〜必見! iOS4.02にアップデートしない(できない)場合でも最低限やっておきたいこと PDF Patch (要JB)
(08/03)iPhone備忘録 〜カメラシャッター音を消す
(07/31)完成! 3Dパラグライダームービー 〜編集後記
(07/28)YouTube、Flash動画・アルバムの全画面表示(フルスクリーン)で真っ白になったときの対策 〜ハードウェアアクセラレーションをオフ
(07/16)StyleTap iPhone版が新発売 〜フライトシーンを変えることになるかも
(07/16)Google Earth 5.2 〜軌跡トレースのアニメーション化で苦戦中
(07/15)パラグライダーヘルメットをカメラヘルメットに改造 第3弾 〜 GoPro HERO専用ブラケット取付
(07/13)iPhone3GS備忘録 〜UserAgent関連サイト
(07/12)iPhone3GS備忘録 〜iTunes同期にケーブル不要 Wi-Fi同期できるWi-Fi Sync(要JB)
(07/12)一夜漬けで学ぶ今年(2010年)の異常気象
(07/11)iPhone3GS備忘録 〜iPhoneをアルチバリオメータ化するアプリ theVariometer iVariometer
(07/10)iPhone3GS備忘録 〜TinyUmblleraでiOS 4のECID SHSH1を取得・保存する
2010年04月26日

直焦点AF BORG 〜Tokina EMZ130AF II 100-300mm F1:5.6-6.7 玉抜き改造+BORG 45EDU (後編)

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

前編はこちら 

Tokina EMZ130AF II 100-300mm F1:5.6-6.7の玉抜き改造。

はじめての玉抜き改造ながら、レンズ(玉)はすべてネジ込み式だったので、ジャパンホビーツールから販売されている”吸盤オープナー”を使って、簡単に玉抜きができました。

外した前玉(対物レンズ)をBORG45EDUに置換するため、手元にあったパーツを組み合わせて以下の内容で組み上げました。

Tokina EMZ130AF II の玉全部を抜いて、BORG45EDUに置換したことで、8群10枚から2群2枚のシンプルな構成に。

焦点距離:325mm X 1.5 = 487mm相当 ※PENTAX k-x (APSC) の場合

20100424_173308_PENTAX Corporation_PENTAX Optio A40_640.jpg 20100424_173110_PENTAX Corporation_PENTAX Optio A40_640.jpg

構成は、写真左から順に、M52用ラバーフード(市販) − 45EDU対物レンズ[2046] − M57延長筒M[7603] − ミニミニドローチューブ[7205] − M57→M58 AD[7407] − 55/58ステップアップリング(市販) − Tokina EMZ130AF II

このうちラバーフードはなくても構いません。また、M57M58 AD[7407] − 55/58ステップアップリング は、八仙堂さんから発売されている 55/57ステップアップリング 1つで代用できます。

この組み合わせで約3m〜無限遠まで合焦します。しかもオートフォーカズ(AF)が利きます。

但し、F AFアダプタ X1.7と同様に、完全なAFではなく、ある程度まで手動(マニュアル)でフォーカスを追い込んだところで、シャッター半押しするとオートで微調整。合焦点するとカメラが”ピピッ”と音で知らせてくれるので、そのままシャッターを全押しします。

AFで合焦する範囲が小さいので、音が鳴ったあとでシャッターを切れば失敗も少なく歩留まりもすこぶる高いです。

AFモードは AF.C にしておくと合掌範囲が外れても微調整ですぐにまた”ピピッ”となってくれます

このTokinaレンズを使った撮影の難点といえば、AF時に鏡筒部(より先)がごそっと回転しながら伸縮するので、左手を鏡筒の回転を止めてしまわないようにそっと支えるようにしなくてはならないことでしょうか。

その対策としてミニミニドローチューブ[7205]を入れ、ドローチューブのネジを緩めておくことで、鏡筒部の回転はドローチューブの内筒までとなり、ドローチューブ外筒より対物側は回転しませんので、M57延長筒 − ドローチューブの部分はしっかりと左手で支えることができるようになりました。勿論ドローチューブは被写体までの距離に応じて伸縮させています。また、私は左手小指を軽くTokinaの鏡筒にあて、前後に伸縮の微調整を行っています。これらの操作は実際にやってみないと感覚がつかめないと思いますが、半自動のAFで、早くピントを合わせるためにも有効と思います。

今回Tokina EMZ(玉抜き改造)を使ったAFでは、PENTAX純正の”F AFアダプター”を使う場合比べて次の利点を感じました。

・F AFアダプタのレンズ群を介さないので、BORGの素のままの性能が期待できる。
・F AFアダプタを使う場合、F値の制約から、レデューサやクローズアップレンズを入れてF値を小さくする必要がありますが、日中45EDUを使う場合、それらを使わずとも合焦します。但し近接距離では鏡筒の伸縮が長くなる分暗くなりAFが迷う場合がありました。
・F AFアダプタ(実売2万円程度)に比べて、Tokina EMZ130AF II なら実売2〜5千円程度(中古)と随分安価で済みます。

さっそく試し撮影を行ってみました。

以下にある画像はサムネイルをクリックすると拡大表示します。サイズは横1024ピクセルに縮小しています。等倍表示はPicasa3で表示さえたものをキャプチゃ処理しています。

まずは自宅そば、約80mほど離れた電柱を撮影。等倍表示させてみて驚きました。素晴らしく解像しています!

20100424_124100_PENTAX             _PENTAX K-x         _800.jpg 201004241.jpg
 80m先の電柱 Tokina EMZ130AF玉抜き改造+BORG45EDU 完全手持ち                   

今日は自宅上空を福岡空港着陸に向けて降下していく飛行機が何度も通過していくので、トビモノ撮影代わりに飛行機を撮影してみました。

自宅は山手にありますが、それでも上空7〜800m位はあるのでは。完全手持ちでの撮影です。

20100424_155615_PENTAX             _PENTAX K-x         _800.jpg 201004243.jpg

20100424_160503_PENTAX             _PENTAX K-x         _800.jpg 201004245.jpg

20100424_165430_PENTAX             _PENTAX K-x         _800.jpg 201004247.jpg

20100424_170304_PENTAX             _PENTAX K-x         _800.jpg 201004249.jpg
自宅上空を通過する飛行機 SS優先1/500  Tokina EMZ130AF玉抜き改造+BORG45EDU 完全手持ち

17時過ぎには早くも東の空に月が。これも手持ちで撮影してみました。さすがに天体望遠鏡。クレータの凹凸がしっかり確認できます。

20100424_174334_PENTAX             _PENTAX K-x         _800.jpg 2010042411.jpg

気を良くして、昨日は福岡空港に撮影に出かけました。

以下にある画像はサムネイルをクリックすると拡大表示します。サイズは横1024ピクセルに縮小しています。等倍表示はPicasa3で表示さえたものをキャプチゃ処理しています。

20100425_141938_PENTAX             _PENTAX K-x         _800.jpg 201004251.jpg

20100425_142012_PENTAX             _PENTAX K-x         _800.jpg 201004253.jpg
離陸に向け滑走路に向かう航空機 SS優先1/500 Tokina EMZ130AF玉抜き改造+BORG45EDU 完全手持ち

20100425_151505_PENTAX             _PENTAX K-x         _800.jpg 201004255.jpg

20100425_152221_PENTAX             _PENTAX K-x         _800.jpg 201004257.jpg

20100425_152841_PENTAX             _PENTAX K-x         _800.jpg 201004259.jpg

20100425_153349_PENTAX             _PENTAX K-x         _800.jpg 2010042511.jpg

20100425_154230_PENTAX             _PENTAX K-x         _800.jpg 2010042513.jpg

20100425_155332_PENTAX             _PENTAX K-x         _800.jpg 2010042515.jpg
福岡空港R34着陸直前の航空機 SS優先1/500 Tokina EMZ130AF玉抜き改造+BORG45EDU 完全手持ち

構図はともかく、シャッター半押しでAFの合焦音がなるのを確認してから撮影したものは9割以上の歩留まり。

私は野鳥撮影はしませんが、航空機などの動きのあるトビモノ撮影には十分戦力となりそうです。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 22:54 | Comment(25) | TrackBack(0) | BORG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
 ブログ拝見して、「同じコース」の先行者さんだと感じました。ペンタAFボ〜グ60EDを使っていますが、皆さんの改造を見聞きし自分でもAF改造をしようと思っています。
 この頃フィールドでもボ〜グAFを持っている方を何人か見かけます。詳しく教えてくれます。玉抜きするレンズは中古で捜しなさいと言われます。

飛梅さんと同じ方向で改造されているようです。ヤフオクでレンズをさがして挑戦してみます。
ご指導ください。
Posted by cap at 2010年05月19日 10:46
capさん>コメントありがとうございます。BORG初心者の私がご指導などとはおこがましい限りです。ペンタAF-BORGではAFアダプタも使っていますが、最近は専らこの玉抜き改造したものを使うことが多いです。45EDUでは暗くなるとAFが迷いますが60EDだと明るいので迷いも少なく良いかと思います。改造は簡単ですのでどうぞお試しになってみてください。私も予備にもう1本同じレンズを入手しました。
Posted by 飛梅 at 2010年05月19日 11:01
飛梅さん
ウエブで中古レンズ見つけましたのですぐ注文してしまいました。6800円でした。こつこつと改造してみます。分からない所は図々しくお尋ねしますのでよろしくお願いします。

何だか楽しみです。雨が降っても鳥撮り荷行けなくても大丈夫です。
Posted by cap at 2010年05月19日 14:54
capさん>ブログ拝見しましたよぉ。すばらしい機材をお持ちですね。一眼はG2もお持ちとはうらやましい。Tokina AF 100-300mm F5.6-6.7の玉抜き改造はBORG裏トピの記事の方の方法とは違うかもしれません。また鳥撮向きではないかもしれませんがそのあたりよろしくご了承ください。何かお使いになって気づかれたことなどありましたら私にも教えてくださいね。
Posted by 飛梅 at 2010年05月19日 16:21
飛梅さん
 こんにちは。

ズームレンズが着きました。玉抜きの前にペンタでテストしてみました。窓のすずめを写すと、これが案外いいのです。ぼかしがいい感じでした。いきなり玉抜きはもったいないような気もして、何日かはすずめと遊びます。

ところでこのレンズですが、AFで前玉が回転しますね、ボーグと繋いだときどういう風に持ちますか?このレンズだけを保持すればいいですか?
Posted by cap at 2010年05月22日 14:03
capさん

こんにちは。
Tokina AF 100-300mm F5.6-6.7を素のまま使っても具合が良さそうとのことですね。
僕はいきなり玉抜きしてしまいましたが最近予備にもう1本入手しましたので今度試してみます。もちろん全玉抜した後でも可逆的に元に戻せます。
BORGと接続後のレンズの持ち方ですが、私はドローチューブを介しているのでドローチューブのネジを緩めておけば前玉が回転しても先端に置換したBORGレンズまで回転することはありません。人差し指と中指あたりでドローチューブの長さを微調整、薬指と小指でTokina AFの鏡筒を軽くもって前後に伸縮させながらフォーカシングしています。
※Tokinaのズームリング(ゴム部分)による回転操作はしていません。全玉抜きするとズームは使えなくなり単に鏡筒の伸縮はフォーカシングにだけ使うのですが、直接左手で鏡筒を前後に伸縮させる方がAFまでの時間が早くて済み、またドローチューブも一緒に左手だけで操作できて都合が良いです。
このあたり、私だけのやり方かもしれませんのでcapさんなりの方法をまた新たに工夫なさってみてくださいね。
Posted by 飛梅 at 2010年05月22日 16:07
飛梅さん
 こんにちは。
丁寧な解説ありがとうございます。
今日はデジスコでサンコウチョウを狙ってメスだけでした。ボーグの人もいました。

 窓に来るすずめのヒナをこのレンズで写したらいい感じでした。中古の数千円でこのボカシはいいですね〜。しばらくすずめで遊んでから玉抜きに挑戦してみます。吸盤オープナーも注文しました。
もう1本予備で欲しくなりました。

ありがとうございました。
Posted by cap at 2010年05月22日 17:34
capさん>

安くてお気に入りのレンズが入手できて何よりでした。フィルターネジ経由でBORGを接続するので強度的にちょっと心配になり、私は予備にもう1本入手しました。
AFアダプタ不要で安上がりAF BORGができますので、今後案外このレンズ品薄になるかも(笑)
いまなら安いと3千円程度で入手できると思いますのでcapさんもオークションをチェックされてくださいね♪

Posted by 飛梅 at 2010年05月22日 19:08
こんにちは。
 部品が足りなくて遅れていましたが、やっと完成しました。問題の60EDとの300ズームの接続で止まっていましたが、55−52ステップダウンリングと52みりオスオスリングで解決しました。
 早速部屋から近所を写してテストしています。途中のリングがギューンと廻る感覚は面白いですね。
飛梅さんのおかげで出来ました。本当にありがとうございました。G2もAF化するつもりです。このカメラに合う中古のレンズを捜して実験してみます。まずは完成の報告ですm(__)m。
Posted by cap at 2010年06月02日 15:07
cap様
完成おめでとうございます。
私の情報が少しでもお役に立てたのであれば嬉しいです♪
私は45EDIIですが、60EDだと明るいのでAFも迷いが少ないでしょうね。先日も空港に飛行機の撮影に行きましたが素のBORGですから解像は抜群でした。でも相手が小鳥だとどんなものでしょう。うまくいけば私にも教えてください。
またG2もAF化されるご予定とか。アクロマートAF化ですか。個人的には簡単に玉抜きできて素のBORGで使えるレンズがあればやってみたいです。
こちらもまた何か情報がありましたらお知らせください。
Posted by 飛梅 at 2010年06月02日 16:40
はじめまして
自作AFレンズ 玉抜き で検索して来ました。
AFボーグに嵌ってるSUZUTAと申します。
ちょっとAFのことで気になりましたのでコメントをします。
前玉は回転して前後してAF動作します。故に前玉を持ってはいけません。
この持ち方だとMFのフォーカスエイドとなります。
私もシグマ70-300、ミニボーグ50全玉抜きをしてました。

今は口径80mmの対物とケンコーACクローズアップレンズをAFレンズにしてインナーフォーカスレンズを自作してます。

デジスコドットコムの掲示板ラウンジデジボーグ
を参考にしています。
http://digisco.com/
Posted by SUZUTA at 2010年06月18日 12:03
SUZUTAさん こんにちは。コメントありがとうございます。ちょっと私の書き方が悪かったようですみません。
私の方法は前玉とTokinaレンズの間にミニミニドローチューブを入れて(ネジを緩めています)いますで鏡筒が回転しても前玉は回転せず、左手でドローチューブ部分をもって被写体までの距離に合わせて伸縮させています。鳥撮影はしませんが飛行機などを撮影する際は、ドローチューブでざっとピントを合わせ、あとはAFで追い込むというやり方で何とかうまくやっております。
何しろカメラやレンズのことなどわからないことも多いのですが、同じくk-xをお使いとのことで今後ともいろいろとご教授いただければ嬉しいです。
Posted by 飛梅 at 2010年06月18日 17:35
飛梅さん こんばんは〜
レデュ−サ類を一切使わないAF−BORGは、画質劣化の影響が無いので大変魅力ありますネ
私も試してみたくなりました。貴重な情報に感謝いたします。
Posted by 花助 at 2010年06月21日 23:06
花助様

ご無沙汰しておりま〜す。
その節はいろいろと教えていただきありがとうございました。鳥さんではありませんが私も飛行機やパラグライダーの撮影のためAF-BORGをはじめました。

昨年末トビモノセットを購入し、純正レデューサ+ペンタのF AFアダプタの組合わせでAF−BORGしていましたが、以前にBORG裏トピックに掲載さたTokinaレンズの玉抜きの記事が頭から離れませんでした。
早速真似させていただいたところ、レンズは3千円程度で玉抜きも簡単。レデューサ不要でAFが効いて、まさに素のBORGですから解像も素晴らしいですね。鳥さんはわかりませんが、離着陸時の航空機やパラグライダーといったトビモノ撮影だったら十分使えましたよぉ。
私は諸先輩お二人の記事を読んで真似して始めただけなんですが、私の記事を読まれてさらにお二人が始められました。
SecnatさんのアクロマートAFに興味はあれど、何せ部品を揃えていくには資金不足でまだ取り掛かれずにいたところへ、この安上がりAF-BORGに私はどっぷり嵌っています(笑)
玉抜きについては花助さんも以前記事に書いておられますが、このレンズだったら十分許してもらえそうですよね。
Posted by 飛梅 at 2010年06月22日 00:09
はじめまして
シュウジと申します。
AF Borgに興味があり作成しようとしてます。
Tokinaの100-300レンズを手に入れて無事全玉抜きは出来たのですが構造を考えるとズームをマニュアルフォーカスとして使用できませんか?
そうなるとミニドローチューブを使用せず延長筒とアダプタでいけそうな気がするのですがどうでしょうか?
AFモーターへの負担軽減にもなるかもと考えてます。
Posted by シュウジ at 2011年02月23日 23:05
シュウジ様

こんばんは。コメントありがとうございます♪

私がドローチューブを入れたのは、このレンズではAFが作動中鏡筒が回転するため、レンズ部を左手でホールドできないと困っていたとき、ドローチューブを入れてネジを緩めておくとレンズ回転がドローチューブ内筒で止まり、外筒から先は手でホールドできることが理由です。シュウジ様ご指摘の通り、AFモーターへの負担を考えれば少しでも軽量化したいところですが、今のところ何とかモータも頑張ってくれていて、しかもレンズ自体が割安なものですから、予備レンズも購入し、壊れたら交換して使い続けようかなと思っている次第です。
これを元にさらに花助様などが、アクロマートAF化されていますが、これなら鏡筒自体は短く抑えられますのでモーターの負担にもならず良いのではないかと思います。
いろいろ工夫いただいてまた新たな発見などありましたら私にもぜひご連絡いただければうれしいです♪
Posted by 飛梅 at 2011年02月23日 23:48
こんにちは
シュウジです。
まずは紹介どおりAF-BORG作成しました。
45EDU 40ミリ延長 ミニドローチュープ 57-55AD にて撮影しました。
解像はすばらしいですね。
今までシグマの170-500mmでした。
ですが325mmのBORGの解像が良い為こちらをメインに使用すると思います。 
ただ一つ気になったのがドローチューブは前後はすばらしくスムーズですが回転はあまりスムーズではない為やはりAFモーターへの不可が怖いですね。
AFモーターはボディ内臓なので修理となるとやっかいそうです。
さらに焦点距離を短くする為40mm+60mmをドローチューブに置き換えて使用した結果焦点距離が1.5mから使用できました。
軽量で解像もよくマクロ撮影も可能な万能レンズが出来ました。
結果的に延長筒40+40+60mmになってしまいましたが【7615】と【7457】にすれば安くなると思います。
たぶん【2046】【7457】【7615】レンズAD TOKINA(全玉抜き)が最少安の組み合わせだと思います。
Posted by シュウジ at 2011年02月26日 14:05
すみません
上記焦点距離1.5mは間違いでした
AF使用可能3m
焦点距離 2m
これ以上焦点距離を縮めるとさすがに周辺にケラレがでてしまいました。
MFでは大まかなフォーカスは伸張で行い、微調整は回転で行えます。
おそらくトキナーレンズはそう設計されているように感じました。
このたびはありがとうございました。
Posted by シュウジ at 2011年02月26日 21:13
シュウジ様

こんばんは
>【2046】【7457】【7615】レンズAD TOKINA(全玉抜き)の組み合わせですね
私50EDIIセットを売却したため、【7615】の持ち合わせがありません。残念です。

>AFモーターはボディ内臓なので修理となるとやっかいそうです。
そうなんですね。お恥ずかしながらボディ内蔵って実は今頃知りました。となると壊れたからレンズだけ交換って書いたのは誤りですね。失礼しました。私も慎重にしたいと思います。

>解像はすばらしいですね。
そうなんです。以前はA AFアダプタX1.7を使っていましたが、トキナ全玉抜きだと余計なレンズを介さない素のBORGですから解像度のよさを実感できます。
さらに光軸の調整や鏡筒内の遮光をしっかりすれば(あと絞りの追加も?)もっと解像度があがるのではないかと思っています。このあたり私は試していませんがシュウジ様の方でまた良い結果がでましたらぜひお知らせいただけるとうれしいです♪
Posted by 飛梅 at 2011年02月28日 21:36
こんばんは
鳥撮りに行きましたがやはりAFだと段違いに楽ですね。
それと気が付いたのが直焦点だと鳥よりも花のマクロ撮影がすごいのではと思い今度は梅を撮りに行きます。
いや飛行機もいいかもしれないですね。
いままでの望遠が眠い画質に見えてきます(BORG病?)
ともあれ、かなり楽しいレンズですね。
(全長は長いですが…)
もう少し望遠が欲しくなったら花助さんのアクロマートAFに移行しようかと思います。
その前に絞りの調整か?
とりあえず色々試して見ます。
Posted by シュウジ at 2011年02月28日 23:09
はじめまして。αでカワセミを撮影している初心者のゆうと申します。
BORGをαにつけてAFができるというのはいくつか探せたのですが品番まで記載されていたのはこちらだけでした。全くの初心者ですが記載されていた2046.7603.7205と55/57ステップアップリングを注文してしまいました。
TOKINA 100-300は簡単にレンズが抜けたので、後はオーダーしたものが届くのを待つばかりです。
うまくいけば、ほかのパーツも購入して組上げてみたいです。
色々なチャレンジ楽しみに拝見していますので宜しくお願いいたします。
Posted by ゆう at 2012年06月26日 19:16
ゆう様
コメントありがとうございます。
α用にもTOKINA 100-300があるのですね。αとの相性はどうなのでしょうか。カメラが違うためアドバイスはできませんがうまくできるとよろしいですね♪
Posted by 飛梅 at 2012年06月26日 20:02
本日、部品がそろいました・・・のつもりでしたが55-57のステップリングひとつだけだとオス-メスなので7205とは接続できませんでした。

7407と55-58のステップアップリング注文するのでまだオアズケです。

くみ上げて動作しましたらまた報告いたしますね。
Posted by ゆう at 2012年06月30日 23:24
昨日、部品が到着しましたので早速出勤前に試写してきました。
最短焦点距離が結構長く手ブレとの戦いでした。
動かない花は綺麗に撮れたのですが、鳥さんは動くせいもありボケてしまってまだ様子見です。
しかしAFは成功したのでしばらくこれで試してみます!
Posted by ゆう at 2012年07月05日 20:48
ゆうさん、コメントありがとうございます。

私は(カメラはPentaxですが)上記の航空機などは完全手持ち撮影ですが、シャッター優先モードで1/500、オートフォーカスはAFCにして飛行機を追っ駆けながらシャッターを切って撮影しています。結構手振れがなくて驚いたものです。

但し、AFはどうかするとかなり迷ってなかなかピントが合いませんが、これには慣れました。

ゆうさんもうまくいかれることをお祈りしています
Posted by 飛梅 at 2012年07月06日 04:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。