最近の記事
(01/03)Webサイトを丸ごと保存し、iPhoneでオフライン表示させる 〜WebsiteExplorer+GoodReader(WindowsPC)
(01/02)iPhone カメラロールの保存先フォルダー
(10/26)ECサイトについて勉強中
(09/08)GoPro HD ファームウェアアップデートがようやく公開
(09/03)ヤフオク落札品で空撮機材製作中
(08/16)ルービックキューブ 神の数字は「20」と証明 〜iPhoneアプリ CubuCheater(公開停止)は何手で完成?
(08/15)kobank.jp 「パラグライダー用語辞典」 
(08/14)超すすすめ 〜無料オンラインストレージ NEVER Nドライブ
(08/13)iPhone備忘録 〜必見! iOS4.02にアップデートしない(できない)場合でも最低限やっておきたいこと PDF Patch (要JB)
(08/03)iPhone備忘録 〜カメラシャッター音を消す
(07/31)完成! 3Dパラグライダームービー 〜編集後記
(07/28)YouTube、Flash動画・アルバムの全画面表示(フルスクリーン)で真っ白になったときの対策 〜ハードウェアアクセラレーションをオフ
(07/16)StyleTap iPhone版が新発売 〜フライトシーンを変えることになるかも
(07/16)Google Earth 5.2 〜軌跡トレースのアニメーション化で苦戦中
(07/15)パラグライダーヘルメットをカメラヘルメットに改造 第3弾 〜 GoPro HERO専用ブラケット取付
(07/13)iPhone3GS備忘録 〜UserAgent関連サイト
(07/12)iPhone3GS備忘録 〜iTunes同期にケーブル不要 Wi-Fi同期できるWi-Fi Sync(要JB)
(07/12)一夜漬けで学ぶ今年(2010年)の異常気象
(07/11)iPhone3GS備忘録 〜iPhoneをアルチバリオメータ化するアプリ theVariometer iVariometer
(07/10)iPhone3GS備忘録 〜TinyUmblleraでiOS 4のECID SHSH1を取得・保存する
2009年08月30日

ソフトバンク705NK (Nokia N73) さらに1台追加

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

ソフトバンク 705NKソフトバンクの携帯端末705NKをもう1台追加で入手しました。

705NKは2007年1月にソフトバンクモバイル(以下SB)から発売されたノキア N73のSBブランドの端末で、アプリケーションを追加などカスタマイズが可能なスマートフォンです。

しかし、 Symbian OSを搭載するノキア端末では、Symbian S60 3rdのセキュリティポリシーによって、システムファイルなどのディレクトリやファイルにはアクセスできないとの制限があるため、Symbian-signed, Developer-signed, self-signed以外の署名なしのアプリケーションはインストールできません。

 さらに、国内モデルである”705NK”では、日本の携帯事情から”N73”よりさら制限・対策が強化されています。SIMロック、MP3再生不可、カメラ音の消音ができないのは、SBに限らず全キャリアに共通だと思いますが、アプリのインストールについてもN73より制限されているようで、Symbian-signed以外のアプリが使えません。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 13:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | デジタルグッズ レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月26日

お騒がせ Internet Explorer: IE8 自動更新非表示にしていたはずが再び表示 / IE6撲滅キャンペーン

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 先週だったか、Windowsタスクトレイに自動更新を知らせる黄色い盾が立っています。(私の環境はWindows XP Home)

 winupdate_3.jpg

 私はWindows Update(Microsost update)の設定は「更新を通知する」だけの設定にしているので、ダウンロードやインストールは手動で行うことになるのですが、自動更新にしていないのは、以前PC起動後にPCが重くなって固まってしまうという現象に悩まされ、それが自動更新に関するMicrosoftのバグだと知って以来、勝手な自動更新はさせないようにしているのです。

 winupdate_2.jpg

 今月の定例アップデート(毎月第二火曜日の翌日)は済んでいるので、何か緊急アップデートなのだと、ざっと更新内容だけでも見て更新しようと思ったら、何と更新内容に”Internet Explorer 8”(以下IE8)が含まれています。

 ヤバイ、ブログ更新の結果を、異なるブラウザ間で表示が同じになるかどうかをチェックするために、敢えてこのPCにはInternet Explorer 6(以下IE6)を残しているのに、IE8に更新されたら困るので、そのときはIE8のチェックを外してそれ以外を手動更新しました。

 でも今日またPCを起動すると自動更新の黄色の盾が。更新内容を見ると「IE8」です。

 winupdate_1.jpg

それにしても、以前非表示にしていたはずのIE8がなぜか再び自動更新で通知されるようになってしまいました。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:28 | Comment(6) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月25日

Leonardo Live 特集 (12)ノキア携帯端末利用時の注意点 〜日本ではノキアの良さを生かせない(後編)

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

過去記事: Leonardo Live特集(11)ノキア携帯端末利用時の注意点 〜日本ではノキアの良さを生かせない(前編)

 おことわり:記事内容についてはあくまで私個人の考えに基づくものですので、実際と異なる場合があること、またキャリア側の対応にも今後変更があることも予想されるため、予想外の事態が発生したとしても当方では一切の責任を負いかねます。あくまで利用は自己責任で。

<パケット通信の利用と通信料について>

 ノキア端末は入手できたとしても、パケット通信の利用には、日本の携帯キャリアでの契約が必要となります。

 日本のキャリアから発売される携帯端末にはSIMロック対策が行われているため、他のキャリアのUSIMでは使うことができません。つまり、ノキア端末もソフトバンクモバイル(以下SB)で発売されているものはSBのUSIMでしか使えず、ドコモのUSIMを入れても認識しません。端末をSIMロック解除すれば、ドコモのUSIMは認識できるようになります(auは認識できない)が、通話では使えても、データ通信はそのままでは利用できません。端末に登録されたデータ通信のアクセスポイント(以下AP)がSBのAPであり、ドコモからはこれを利用できないからです。端末にドコモのAPを設定すれば使えるかもしれませんが、このあたりは未確認です。またAPだけではなく、UA(ユーザエージェント)の書き換えが必要になるかもしれません。そこまでしてドコモユーザーはSBのノキア端末を使おうとは思われないでしょうね。

 以上から、現実的にはSBユーザでなければSBのノキア端末を使ったLeonardo Liveの利用は難しいと考えています。ドコモユーザは(1)ノキア端末ではなくドコモから発売されているWindows Mobile端末を利用するか、(2)海外で日本でも使えるSIMフリーのノキア端末を購入し、機種変更して使う方が良いかも。但し(1)では前記事の通りJavaの実行環境を自分で整備する必要があります。また(2)について、ドコモでは、海外で購入した端末への機種変更を受け付けてもらえるのかはわかりません。またできたとしても端末にドコモのAP情報を登録する必要がありますがこれをショップで設定してもらえるかどうかも不明です。

 ということで以下はSBユーザであることを前提に話を続けます。

 パケット通信を行う場合気になるのが通信料です。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | パラグライダー>GPS/シミュレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月24日

Leonardo Live 特集 (11)ノキア携帯端末利用時の注意点 〜日本ではノキアの良さを生かせない(前編)

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

関連記事: Leonardo Live特集(9)HTC X01HT(Win6化)では動作不可。Nokia N73(SoftBank 705NK)を入手

 おことわり:記事内容についてはあくまで私個人の考えに基づくものですので、実際と異なる場合があること、またキャリア側の対応にも今後変更があることも予想されるため、予想外の事態が発生したとしても当方では一切の責任を負いかねます。あくまで利用は自己責任で。

  今回は、ノキア携帯端末を使ってLeonardo Liveを利用する場合のメリットや注意点について書いておくことにします。

 Leonardo Liveを利用する上で、ノキアの携帯端末を使うメリットは、公式サイトで公開している、サーバー接続に成功している携帯端末の多くがノキア端末でありリンク1 リンク2)、グローバルスタンダード機種であるノキアならば、接続実績も多く、サポートも受けやすいことが挙げられます。

 さらにノキア端末では、アプリケーションの実行環境が整備されている点が強みです。Leonardo Liveを利用するには、GPSのデータを読み込んだり、サーバーとのデータ通信を行うためのアプリケーションを追加インストールしておく必要があるのですが、推奨アプリである”GPSTrackLive”は、ノキア端末ならばインストールも容易で、インストール後直ちにアプリケーションを使用できます。

 Screenshot0061.jpg Screenshot0055.jpg Screenshot0057.jpg Screenshot0069.jpg
  ソフトバンクモバイルのノキア端末705NK(N73)テスト動作中のGPSTrackLiveの画面

 ところが私がメインで使っているX04HT(HTC Touch Dimaond)などのWindows Mobile端末ではそうは簡単にいきません。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:55 | Comment(3) | TrackBack(0) | パラグライダー>GPS/シミュレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月23日

インドネシア ライブTV ”Mivo TV”

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

関連記事 できたてバリニーズインターネットラジオ放送局〜 Gita Bali Radio

 今年1月の記事でバリニーズのインターネットラジオ放送局”Gita Bali Radio”を紹介していましたが、先週mixiのインドネシア語コミュニティでインドネシアのライブTV”Mivo TVが紹介されてからは、PCの起動後はこちらのサイトをずっと流しています。 チャンネルも複数から選べます。

 自宅に居ながらインドネシアのテレビ放送を生で見れるというのはなかなか面白いです。  インドネシア語の勉強になればさらに良いのですが、ボキャブラリも全然不足していて、またこのスピードにはなかなか付いていけません(笑)

 mivotv_640.jpg

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:51 | Comment(6) | TrackBack(0) | インドネシア語を学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月21日

Leonardo Live 特集 (10)iPhoneでもフライト中のGPSデータをライブ送信 LiveTrack24Lite/ParagliderDeck

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

前記事 Leonardo Live 特集 (9)HTC X01HT(WM6化)では動作不可 Nokia N73(SoftBank 705NK)入手

 5月以降しばらく”Leonardo Live”の連載をストップしていましたが、その間、7月にはGPSデータのパケット送信用のクライアントアプリである”GPSTrack Live”のバージョンアップが行われ、また、サーバーのIPアドレスも変更となりました。

 また興味深いところでは、新たにiPhone用のクライアントアプリとして”LiveTrack24Lite”と”ParagliderDeck”の2本が追加されています。

 これによって、ノキアなどのJavaアプリが使える携帯、Windows Mobile携帯に加えて、新たにiPhoneでも内蔵GPSを活用してフライト中のGPSトラックデータをライブでインターネット配信ができるようになりました。

 2本のクライアントアプリは、ともにオフィシャルの”HTTP API”を利用しているため、”Leonardo Live”の機能をフルに活用できるようです。”ParagliderDeck”はまだダウンロードは開始していないようですが、”LiveTrack24Lite”はiTuneStoreからダウンロードできます。

 LiveTrack24Lite.jpg LiveTrack24Liteの表示画面

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | パラグライダー>GPS/シミュレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月08日

デジカメ新機能 写真も動画も3D映像で楽しめる 〜 FinePix REAL 3D W1

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

finepix 3d w1.jpg本日富士フィルムから、写真も動画も3D映像で楽しめるデジタルカメラFinePix REAL 3D W1が発売された。

※8.0型液晶3DビューワーFinePix REAL 3D V1は8月中旬に発売延期

これまでアナログで売られていたカメラでは、プリントしなくては3D効果を確認できなかったが、このカメラだと被写体を2つのレンズでとらえて瞬時に画像合成することで特殊なメガネをかけずに裸眼で立体映像を楽しむことができるという。

動画も3Dというのは凄いが、W1ではVGA(640×480ピクセル)QVGA(320×240ピクセル)のみ対応でHDムービーでの撮影はできない。次期モデルではHD動画対応となるのも十分予想されるので今回買い急ぐ必要はないだろう。

参考に価格.comで価格やクチコミをチェック。

こちらがリアル3Dの紹介動画。またW1やV1の使い方はこちらこちら

でもこんなの使えばいまのカメラでも3D画像は撮れるんだけど・・・ 

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 06:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタルグッズ レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月04日

香港・マカオ1人旅 〜 香港・マカオで携帯、データ通信

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

おことわり:今回の記事では筆者の推測や思い込みも含まれている点があり、実際とは異なる点もあるかと思われる。もし記事を読まれて間違っている点などあればコメントでお知らせいただけると嬉しい。

 今回の旅行、日本からはSIMフリー化した2台の携帯(ソフトバンク”X04HT”と”705NK”)を持参したが、帰国後も”705NK”(Nokia N73)にはまだマカオで購入したCTMのプリペイドSIMが入ったままで、いまも起動すると国際ローミング状態で繋がっている。
※写真ではドコモのネットワークでローミングしているが、ソフトバンクへも切替できる。

 IMGP0283_640.jpg Screenshot0040.jpg Screenshot0039.jpg
   マカオCTMのプリペイドSIMカードを入れた705NK(SIMフリー化済) ドコモでローミング中

 SIMカードはマカオのフェリーターミナルで購入したものだが、すでに額面を使い切って残額はすでに0。カードの有効期限は2010年1月20日なので、インターネットでチャージして使い続けることはできるが、今のところチャージしてまで使い続ける理由も見当たらない。

 今回の旅では、マカオでは”CTM”を、香港では”チャイナモバイル”(中国移動通信)のプリペイドSIMと2枚のSIMカードを使用したが、カード購入後の開通作業も自分で携帯を操作して約2、3分であっさりとできてすぐに使用できた。

 IMGP0293_640.jpg IMGP0295_640.jpg
 プリペイドSIMカード 左:マカオCTM  右:チャイナモバイル

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 06:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ1人旅>2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月02日

香港・マカオ1人旅 〜 旅のコミュニケーションツール(3) 携帯電話で中国語翻訳 ”翻訳ウォーカーJ北京V3”

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 旅のコミュニケーションツール、最後に紹介するのは日本語⇒中国語、中国語⇒日本語翻訳アプリ。

翻訳ウォーカーJ 北京V3 + 日中・中日辞典  轄sd社

 翻訳ウォーカー北京.jpg 

 PCで使える翻訳アプリはたくさんあれど、これは携帯電話で使えるアプリである。

 ケータイが日中・中日翻訳機に早替わり、しかも中国語は音読に対応。 但し使えるのはソフトバンクの携帯電話”X01HT”・”X04HT”・”X05HT"などのXシリーズ、ドコモなら”HT-01A”・”HT-02A”などのWindows Mobileケータイ(スマートフォン)やPDAに限られる。
 ※最新の対応機種はこちらで確認されたい。

 5月から中国語(普通語)を学んでいるがまだほとんど喋れないし、といって会話本を持っていくのも面倒。そんな折、インターネットの旅行記を読んでこのアプリを知り、なかなか好評価なので旅行10日前に購入してインストールして使い始めた。でも買って大正解!

 香港、マカオで普段使われているのは「広東語」だが、中国語(普通語)でコミュニケーションする機会があって、わからない中国語はケータイに入力してもらえば(手書き入力OK)1発で日本語に翻訳される。辞書要らずなのでコミュニケーションが弾むのである。ケータイが喋るので相手も興味深々。いろんな言葉を入れて遊んでみた。

 先に紹介した「14ケ国語マトリックス翻訳機 Global Talker」などの電子翻訳機や、外国語辞書搭載の電子辞書では、翻訳はあくまで内蔵の単語や文例に限られるが、これだと予め準備された文例以外にも、自由に文章を入力して日中・中日翻訳ができる。しかも中国語は音読対応。翻訳結果は保存しておけるので自分なりの文例集を作っておける。 小学館の日中+中日辞典も内蔵で定価19800円(16800円で購入)とコストパフォーマンスは抜群。 

 Windowsケータイを持っていたらぜひ使ってみてほしいお勧めのアプリ♪

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ1人旅>2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港・マカオ1人旅 〜 旅のコミュニケーションツール(2) 14ケ国語マトリックス翻訳機、会話帳

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

14ケ国語マトリックス翻訳機 GLOBAL TALKER Asian Ver.V GT-1400a  アジア・中東言語版 発売元:(有)東江物産

昨年Ver.V発売直後にヨドバシ店頭で購入。シリーズには主要言語版もあるが、勉強中のインドネシア語が含まれているのがアジア・中東言語版だったこともありこちらを選択した。
※同社では多数同様の翻訳機を扱っているので、購入前には同社サイトで確認のこと。

いまだに新聞広告、ネットなどでは1世代前のVer.UがVer.Vより高いか値段で売られているので注意。

収録単語28,000×14言語、収録文例:3,300×14言語、すべてネイティブ音声付き(VerUより単語数は3.4倍、文例は1000以上追加)

 タイトル通りアジア・中東言語14ケ国語(日本語,英語,韓国語,北京語,広東語,上海語,タイ語,ベトナム語,マレー語,タガログ語(Filipino),インドネシア語,ヒンディー語,ペルシャ語,アラビア語)をマトリックス(変換元、変換先言語の選択可)で翻訳可能でボタン1つで変換元、変換先の言語での音声を内蔵スピーカで発音してくれるのが特徴。

 語学学習用の電子辞書と比べて つくりは安っぽいが、14ケ国と多数の言語に対応し、Ver.Vでは収録単語、文例とも必要十分。音声付きで1万円台なら1台持っていて損はないと思う。但し、操作に時間がかかる、翻訳は収録された単語、文例に限定だが、これは電子辞書でも同じといえる。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 17:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 香港・マカオ1人旅>2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港・マカオ1人旅 〜 旅のコミュニケーションツール(1) 磁気式メモボード PILOT メモレBR

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 旅は1人旅が良い。行きたいと思ったときに、ふらりと出かけ、出かけたところで思いつきであちこち廻ってみる。著名な観光地には目もくれず、観光客が訪れそうにない路地裏にもどんどん入っていくし、そこでローカルの人たちの暮らしを垣間見るのがとても楽しい。

 1人旅で困ることといえば、大勢ならたくさんの種類の料理を頼めるのに、1人だとせいぜい2、3皿しか頼めないことくらい。また何か尋ねるにも、困ったことが起きても頼る人がいないので自分で切り抜けるしかない。旅先でのコミュニケーショは良くも悪くも1人旅の醍醐味、良い思い出になるし、次回は少しでも喋れるようになろうと外国語を始めるきっかけにもなる。

 今回は初めての香港、マカオ1人旅に持参したコミュニケーション・ツールについて少し書いてみることに。

PILOT 磁気式メモボード メモレBR (Memore BR)   潟pイロットコーポレーション

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ1人旅>2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月01日

香港・マカオ1人旅 〜 マカオ・ムービー City of Dreams バーチャル・アクアリウム、夜景、Wynn Macau噴水ショー

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 今回はHDムービーカメラで撮影した動画からいくつかを紹介。 画像をクリックすると動画を再生します。

●City of Dreams バーチャル・アクアリウム

virtual aquarium.jpg

タイパ島(Taipa)にあるベネチアンカジノに行く予定が、誤ってタクシーが乗りつけたのは”City od Dreams”。下調べもろくにせずマカオ入りしたため、ここが6/1に開業したばかりの総合エンタテイメント施設だとは帰国後「マカオぴあ vol.6 (夏2009.9) (ぴあMOOK)」を購入して知った。入口にあるスクリーンを大勢の人が見つめている。何かと思って眺めていたら、突然マーメイドが現れて魚やクラゲと戯れては消える。美しいマーメイドを撮影しようと30分あまり撮影を続けていたら、施設内を散策する時間がなくなってしまった。
約39万平方メートルの広大な敷地にハードロックホテル、クラウンタワーズ、今秋オープン予定のグランドハイアットマカオの3つのホテル、さらにカジノ、レストラン、ブランドショップなどが一体となった「City of Dreams」は6月開業したのはほんの第1フェーズにすぎない。周辺地域は拡張工事の真っ最中。まさにケタ違いのリゾート都市だ。 

 ●夜景

macau night.jpg

 リスボア(葡京酒店)と2007年オープンの系列店グランドリスボア(新葡酒店)はマカオのシンボル的なホテル。夜になると派手なネオンがホテル全体を包んで豪華そのもの。1万円台のムービーカメラで撮影したものだが夜にもかかわらず結構綺麗に撮影できた。撮影時刻は夜23時過ぎ。マカオの夜はまだまだこれからだ。 

●Wynn Macau (永利澳門酒店)噴水ショー 

fauntain show.jpg

リスボアホテルと道を挟んで建つWynn Macau(永利澳門酒店)の噴水ショーを危うく見逃すところだった。朝11時から深夜0時まで15分おきに行われているこの噴水ショーは誰もが無料で観ることができる。近くのホテルに泊まっていながら、ここを訪れたのは2日目の23:50過ぎ。翌日朝にはマカオを発たねばならず、まさにぎりぎりで最終回のショーを観ることができた。三脚を持ってきておらず、手振れが目立つが感動の噴水ショーだった。これを15分おきに行っているというのだからマカオってすごい!

YouTubeにはホテル側から撮影されたHD動画がアップされていたのでリンクを張らせていただいた。マカオに行ったら必見のショーだ。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:32 | Comment(3) | TrackBack(0) | 香港・マカオ1人旅>2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。