最近の記事
(01/03)Webサイトを丸ごと保存し、iPhoneでオフライン表示させる 〜WebsiteExplorer+GoodReader(WindowsPC)
(01/02)iPhone カメラロールの保存先フォルダー
(10/26)ECサイトについて勉強中
(09/08)GoPro HD ファームウェアアップデートがようやく公開
(09/03)ヤフオク落札品で空撮機材製作中
(08/16)ルービックキューブ 神の数字は「20」と証明 〜iPhoneアプリ CubuCheater(公開停止)は何手で完成?
(08/15)kobank.jp 「パラグライダー用語辞典」 
(08/14)超すすすめ 〜無料オンラインストレージ NEVER Nドライブ
(08/13)iPhone備忘録 〜必見! iOS4.02にアップデートしない(できない)場合でも最低限やっておきたいこと PDF Patch (要JB)
(08/03)iPhone備忘録 〜カメラシャッター音を消す
(07/31)完成! 3Dパラグライダームービー 〜編集後記
(07/28)YouTube、Flash動画・アルバムの全画面表示(フルスクリーン)で真っ白になったときの対策 〜ハードウェアアクセラレーションをオフ
(07/16)StyleTap iPhone版が新発売 〜フライトシーンを変えることになるかも
(07/16)Google Earth 5.2 〜軌跡トレースのアニメーション化で苦戦中
(07/15)パラグライダーヘルメットをカメラヘルメットに改造 第3弾 〜 GoPro HERO専用ブラケット取付
(07/13)iPhone3GS備忘録 〜UserAgent関連サイト
(07/12)iPhone3GS備忘録 〜iTunes同期にケーブル不要 Wi-Fi同期できるWi-Fi Sync(要JB)
(07/12)一夜漬けで学ぶ今年(2010年)の異常気象
(07/11)iPhone3GS備忘録 〜iPhoneをアルチバリオメータ化するアプリ theVariometer iVariometer
(07/10)iPhone3GS備忘録 〜TinyUmblleraでiOS 4のECID SHSH1を取得・保存する
2009年07月31日

香港・マカオ1人旅 〜 World Highest マカオタワーでバンジージャンプ(233m) (2)

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 エレベータを降り展望台へと出ると右手にA.J.Hackettの受付があって、ここでは”バンジージャンプ”のほか、バンジーのようなフリーフォール(自由落下)はないが、命綱を付けてタワー外部を降下する”スカイジャンプ”、安全装置を付けて展望台外側のデッキをスリル満点で歩く”スカイウォーク”、そして、展望台のある233mからさらにタワー最上部338mまでの105mを外部梯子で登る”マストクライム”(後述) の合計4つのアクティビティの受付を行っている。

 赤いシャツを着たスタッフに、予約済であると伝えたら、先約がないのですぐに跳べるとのこと。僕の後にも予約は入っていないようだ。週末なのでさぞかし混んでいるのだろうと日本から予約してきたのにいささか拍子抜け。これが本場ニュージランド(NZ)なら朝から長い行列ができているところだ。

 20090725_113158_PENTAX Optio A40_640.jpg 20090725_113206_PENTAX Optio A40_640.jpg
左:展望台からの眺め。手前のイラストはガラスに描かれている。 右:A.J.Hackettのアトラクション受付

 macau tower 61F.jpg
          画像をクリックすると動画再生

 持参したNZ、バリ島でのジャンプ証明書を見せると、20%の割引がOKとのことで、割引適用後の代金にDVD、CDのオプション料を加え、香港ドルで1900ドル余を支払う。またここで誓約書(英文)にサインを求められるのだが、経験者ならすでに内容はわかっているだろうとばかり、説明も省略してさっさとサインさせられ登録(レジスト)完了。※恐らく万一の事故の際の運営者側の免責などについて書いてあったように思う。

  登録(レジスト)完了後は、ジャンプ台に立って恐怖のあまりキャンセルしようとも代金の払戻しは受けられない。 初めてバンジーをする人は覚悟を決めておく必要がある。

 スタッフから床の足跡マークを辿って更衣室で初回ジャンプでもらえるTシャツに着替えをしてくるように指示される。(2回目以降はTシャツの代わりに専用のジャンプスーツを着て跳ぶ) またポケットの中の全ての私物やメガネなどもロッカーに置いてこなくてはならない。 持参したヘッドカメラでの撮影を申し出たが、チーフとおぼしきスタッフから「ダメ」の一言。ここで粘ってスタッフの機嫌を損ねても困るので諦める。自分でも落下の様子を動画で撮影してみたかった。

 PICT0008_640.jpg 20090725_114844_PENTAX Optio A40_640.jpg
     足跡マークをたどって更衣室へ      更衣室:右側が着替え室 左側にロッカー

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | 香港・マカオ1人旅>2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月29日

香港・マカオ1人旅 〜 World Highest マカオタワーでバンジージャンプ(233m) (1)

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 一昨日の夜、香港から台湾経由で日本に無事帰国。

 前週末には香港を台風が通過したこともあって、この時期天候だけは心配だったが、幸い帰国日前夜から当日の早朝にかけて雨脚が強いときがあった以外は天気にも恵まれた。初めての香港、マカオでは全てが初体験尽くしだった。

 今回の旅の最大の目的はマカオタワー233mからのバンジージャンプ。

 良い歳をしてと云われそうだが、バンジージャンプの世界最高齢は何と94歳! 

 私などまだまだ若輩。あと40年は跳べるはず(笑) 

 初めてのバンジーは5年前、ニュージーランド南島クインズタウンのNavis Highwire 134mを跳んだのを機に、3年前にはバリ島Kuta Beach44mと、これまで2回経験している。 でもやはり世界一を高さを誇るマカオタワーを跳ばないことには話にならないのだ。

 福岡〜香港往復の格安航空券の広告を見て旅行を思い立ったのが2週間前。7月24日〜27日を旅行期間と決めて最初にしたことといえばもちろんネットからのバンジーの予約だった。 

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ1人旅>2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月26日

香港・マカオ1人旅 〜 マカオから香港に戻ってきました

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 先ほどマカオから香港に戻って、いま佐敦(Jordan)のホテルの部屋から書いています。

 7/24(金)〜7/27(月)まで香港・マカオ1人旅の最中ですが、7/24、25とマカオ2泊、香港は本日(7/26)1日だけの滞在なので、これからすぐに出かける予定でゆっくりとネットもできません。

 初めての香港、マカオですが、いまのところ全くモーマンタイ(無問題)で旅を続けています。

 地元福岡では大変な大雨で被害がでているようですが、いまのことろ自宅は問題ないとのこと。

 昨日は今回の旅の目的の1つ、建物からのジャンプでは世界一のマカオタワー233mからのバンジージャンプをしてきました!

 これでニュージーランド134m、バリ島44mに続いて世界3拠点でのバンジーを達成。

 今回さすが世界一の高さとあって空中でのフリーフォールの時間も長いこと。おまけにリバウンドの頂点で体の外側に引き起こすようになっているフックが引っ掛かってうまく外れず(安全上は問題はないのですが)地上に降りるまでまで逆さ吊りの状態がしばらく続きましたが、逆様になって上空からマカオを眺めるのもなかなかオツなものでした(笑)

 _AJH3151_640.jpg _AJH3154_640.jpg

 詳細レポートは後日。 では香港の街に繰り出してきます。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 15:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | 香港・マカオ1人旅>2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月19日

注意喚起:怪しい海外パラモーター/パラグライダーヘルメット通販サイト Paramotor-store.com

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 フルフェイスではないハーフフェイスのパラグライダー用のヘルメットで良いものはないかとググッてみると、ドイツにある通販サイト ”Paramotor-store.com” を発見。

 フルフェイス、ハーフフェイスで無線マイクやケーブルをセットにしたヘルメットが、国際送料込でも、手頃な価格で購入できるようです。

 しかし、品番が違うのに同じ色が重複して掲載されて、自分の希望するカラーがない、気になる重量が記載されていないなど、購入前にいくつか確認したいこともあって、サイトに記載されているメールアドレスへ英文で照会してみました。

 acrolinehelmet.jpg
 品番が違うのに同じカラーで説明も同じのものが。しかもクリックすると色が選べてしまうなどおかしな点が多いサイト

 ところが3日たっても何の返答もありません。迷惑メールも多い時代なので何かの手違いで読んでもらえなかったのだろうと、今度はサイトのContactフォームから連絡をと思ったのですが、フォーム末尾にあるはずの送信ボタンがないのです。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 21:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | パラグライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月14日

iPhone耳寄り情報 〜お高い修理費用を節約したいなら

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 先月6月26日、高速でパワフルなiPhoneの最新モデル”iPhone3G S”がソフトバンクで発売開始、一部の量販店では入荷待ちの状態だとか。前モデルiPhone 3Gユーザーの買い替え需要もかなり多いようですね。一方7月10日にはNTTドコモからGoogleケータイ「HT-03A」が発売となり、スマートフォン市場も新たな活気に満ちています。

 私はソフトバンクモバイル(以下SBM)の前機種”X01HT”の実質2年縛りから今年3月にようやく開放されて、次はiPhoneと考えた時期もありましたが、SIMロックが掛けられているのはともかく、SIMまでがiPhone専用品となってiPhone以外の3G機種では使えない、さらに勝手アプリのインストールも容易でないと知ってからは熱も冷めてしまい、”X01HTと同じく、カスタマイズフリーなWindows Mobileケータイ”Touch Diamond X04HT”をオークションでお安く購入しこれをメインに使っています。

 このたび”X04HT”もSIMフリー化し、これで緑SIMや海外SIMも使えるなど、一段とフリーな環境を得られたので、さっそく海外でのネット利用も試したいと思っています。※自由を手に入れた一方でメーカ保証外となるリスクを負うことになりましたが。

 ということで前置きが長くなりました。持ってもいないiPhoneについての情報なのですが、耳寄りの情報がありましたので参考まで書きとどめておきます。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 耳寄り情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月06日

7/22(水)皆既日食 〜ビクセン日食グラス

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 日本では46年ぶりという皆既日食が今年あると聞いていても、とりたたて天文ファンでもない私はさほど関心もなく、とはいえ、福岡では90%の部分日食が観察できて、9:37に日食開始 食の最大が10:56頃だということだけは手帳にメモっています。 国立天文台皆既日食情報

 そして先日カメラ店店頭でビクセン製の日食グラスを1480円で買い求めました。

 SANY0167.JPG
 ポストカード2枚も同梱。デザインは取扱店ごとに異なる

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月05日

パラグライダー空撮用カメラのケース加工みたび 〜キャノピー取付用カメラケースの軽量化  

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 キャノピー取り付け用のデジカメの保護ケースを再製作してみました。

 従来のものは、100均ショップで購入した硬化ポリプロピレン製のケースを二重にしたもので、少々の衝撃でも耐えられるようにしていました。 ※内側のスポンジ加工、レンズ胴体飛び出し部分は硬質ウレタンで保護。

 SANY0152.JPG
 従来のケース。デジカメは以前使っていた動画撮影用のもので静止画(写真)用とは別だが、ケースは動画撮影、静止画用ともほぼ同じ

 カメラは一眼レフでもないコンデジだったにもかかわらず、これで撮影した写真は、撮影アングルの珍しさもあって一昨年ガルーダインドネシア航空の写真コンテストに入賞することができました。 (1枚目)  ※サムネイルをクリックすると拡大表示

 20060918_160807_Caplio R3      _640.jpg 20060916_154710_Caplio R3      _640.jpg

 20060916_154810_Caplio R3      _640.jpg 20060917_165609_Caplio R3      _640.jpg

 しかし、頑丈なだけに、重量はケースだけで365g、カメラ込では530gといささか重く、また撮影前のセットにも時間がかかるため、写真撮影からは(というよりフライト自体もですが・・・)遠ざかり、最近では軽量なムービーカメラでの動画撮影の方に関心が移っていました。

 しかし動画と違い、フライト中の一瞬を静止画像として切り撮れる写真の魅力は捨てがたく、今回カメラを買い換えたこともあって、ケースも軽量化を目的として再製作してみることにしました。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 14:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | パラグライダー>空撮機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。