最近の記事
(01/03)Webサイトを丸ごと保存し、iPhoneでオフライン表示させる 〜WebsiteExplorer+GoodReader(WindowsPC)
(01/02)iPhone カメラロールの保存先フォルダー
(10/26)ECサイトについて勉強中
(09/08)GoPro HD ファームウェアアップデートがようやく公開
(09/03)ヤフオク落札品で空撮機材製作中
(08/16)ルービックキューブ 神の数字は「20」と証明 〜iPhoneアプリ CubuCheater(公開停止)は何手で完成?
(08/15)kobank.jp 「パラグライダー用語辞典」 
(08/14)超すすすめ 〜無料オンラインストレージ NEVER Nドライブ
(08/13)iPhone備忘録 〜必見! iOS4.02にアップデートしない(できない)場合でも最低限やっておきたいこと PDF Patch (要JB)
(08/03)iPhone備忘録 〜カメラシャッター音を消す
(07/31)完成! 3Dパラグライダームービー 〜編集後記
(07/28)YouTube、Flash動画・アルバムの全画面表示(フルスクリーン)で真っ白になったときの対策 〜ハードウェアアクセラレーションをオフ
(07/16)StyleTap iPhone版が新発売 〜フライトシーンを変えることになるかも
(07/16)Google Earth 5.2 〜軌跡トレースのアニメーション化で苦戦中
(07/15)パラグライダーヘルメットをカメラヘルメットに改造 第3弾 〜 GoPro HERO専用ブラケット取付
(07/13)iPhone3GS備忘録 〜UserAgent関連サイト
(07/12)iPhone3GS備忘録 〜iTunes同期にケーブル不要 Wi-Fi同期できるWi-Fi Sync(要JB)
(07/12)一夜漬けで学ぶ今年(2010年)の異常気象
(07/11)iPhone3GS備忘録 〜iPhoneをアルチバリオメータ化するアプリ theVariometer iVariometer
(07/10)iPhone3GS備忘録 〜TinyUmblleraでiOS 4のECID SHSH1を取得・保存する
2007年09月27日

ガルーダインドネシア航空フォトコンテストで入賞♪

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 このたび第5回ガルーダインドネシア航空フォトコンテストに応募中のパラグライダーの写真  ”バリの翼となって” が・・・・・ なんと入賞してしまいました♪

 応募細則により入賞作品の使用権・版権はガルーダ・インドネシア航空に帰属することになるため、写真はここでは掲載できませんが、 ガルーダ航空のサイトの方でじきに掲載されるかと思います。

 一眼レフではない、ただのコンパクトデジカメで撮影した写真でも入賞できたのは、腕でも何でもなくて、 空撮でなければ撮影できないものだったからでしょう。

 この写真が一般の方にバリ島でのパラグライダーを少しでも知ってもらう機会になれば幸いです。

 空撮が好きで自分なりに機材も工夫しながら撮影を続けてきたのが、このような形で報われたのは最高に嬉しいです。 しかも大好きなバリ島での写真ですから言うことなしですね。いままでデジカメも数台壊してしまいましたが、 くじけずやってきて良かった♪

 副賞はバリ島クロボカンの”アキアティ ヴィラ Akhyati Villasの宿泊券3泊分!

 akhyati_1 akhyati_3
          こんな立派なビラに泊まれるとは・・・

 思わぬ形でまたバリ島に行けそうです。



          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 18:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | パラグライダー>バリ島>2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年09月24日

半世紀以前のバリ島ドキュメンタリー映像がYouTubeに!

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

関連記事 バリ島5日目(9/7) ウブド観光 1930年のバリDVDを入手

 今年のバリ島再訪では、 マイミクのKさんに教えていただいた1930年のバリの様子を撮影した貴重なフィルム”Bali 1930” のDVDをウブドで買い求めることができました。

 さらに何と現在動画投稿サイト”YouTube”では、 これとは別に1932年のバリ島の様子をドキュメンタリー映画化した” Virgins of Bali(1932) Part1〜3”、 1940年代の”Women of Bali” 、制作年代は不詳ですがほぼ同時代のものと思われる”Bali Travelouge” の3本のドキュメンタリー映像がアップされています。

 インターネットで検索したところ、”Virgins of Bali(1932)” ”Women of Bali” についてはこちらにレビュー記事がありました。 但しこれらの映像がVCDやDVD化されて発売されているとの記述はなく、 オリジナルフィルムやコレクション映像からの投稿だとすればとても貴重です。

 Virgins of Bali(1932) Part.1   リンク: http://jp.youtube.com/watch?v=hLmFfs86Vyk
      〃       Part.2  リンク: http://jp.youtube.com/watch?v=amWjQmp7V7s
      〃       Part.3  リンク: http://jp.youtube.com/watch?v=8IyILxPkebg

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | バリ島旅行情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年09月19日

バリ島旅行記 ティルタ・サリ定期公演DVDを作成

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

関連記事 バリ島旅行記 ティルタ・ サリ公演 ユリアティ、ビダニ姉妹の舞踏に感激♪

 9月7日ウブドに近いプリアタン村で開催された舞踏団” ティルタサリ(Tirta Sari)”の定期公演の模様をDVDにまとめてみた。1時間半程度の撮影でも、 DVDオーサリング後のレンダリングには13時間も要した。一昔前のPCではこれも致し方ない。

 なぜか同じ条件で作成した複数のDVD-Rのうち数枚が別のPCで再生しようとするとリージョンエラーが起きる。 もともと作成時にリージョンなど入れていないのになぜだろう・ ・・まああまり気にしないでいるが。  Tidak apa-apa!

自己レス:リージョンエラーは1台のPCのみで発生していたが、 DVDプレイヤーでは問題なく再生できるのが確認できたので関連の記述を抹消した。

TirtaSari_dvd2_640 TirtaSari_dvd_640
 レーベルを飾るのは勿論ユリアティ譲   上演プログラムごとにチャプター作成

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | パラグライダー>バリ島>2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年09月16日

バリ島旅行記 今年もまた野鳥の囀りを生録りしてみた

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

関連記事 2006年BALIフライトツアー(5)宿泊編

 今年も昨年に続いてバリ島サヌールのホテルで、早朝の野鳥の囀りを生録りしてみた。

20070903_062354_EX-S770 _800 宿泊先のホテルのコテージの外では、 まだ夜も明けきらない4時半頃には鶏の鳴き声が響き渡り、やがてあちこちで鳥たちの囀りが聞こえてくる。 思わず飛び起きてコテージの扉を開き、すがすがしい朝の空気と鳥たちの囀りを聞きながら再び微睡(まどろみ)に落ちる。 バリ島に来るとそんな毎日がこの上なく幸せに思える。

 しかも今年は朝になると1匹の猫が僕の部屋を訪れてはしばらく一緒に添い寝するようになった。かなり人懐っこくて寝るときは必ず手を僕の手に乗せたりおなかの上に乗ったりと、少しでも人の体に触れていないと安心せず「ミャー」と鳴いては手を乗せてくるしぐさはあなんともかわいらしい。

すっかり友だちとなった猫だったので、今日が最後という日には声をかけたのだが、猫はきっと翌日も訪ねてきては部屋のドアが開かずに寂しい思いをするのだろうと考えるとこちらもせつなかった。

 rita
  コテージからのパノラマ風景(撮影は昨年のもの) 写真をクリックすると拡大

 さて、再び野鳥の録音だが、昨年はデジカメで音声録音したが音質は良くなかった。今年はICレコーダーを使ったが昨年より音質はかなり良くなっていると思う。

 長いものでは1時間以上録音した日もあるが、ここではその中から一部をダイジェスト版でアップしてみた。(MP3型式) 気に入っていただければダウンロードもどうぞ。できればコメントを残していただければ♪

 20070909_115616_EX-S770    _640.jpg 20070907_061208_EX-S770    _640.jpg 20070907_120649_EX-S770    _640.jpg
  滞在中毎朝僕の部屋を訪れてくれていた猫。添い寝する姿がななんとも愛らしかった

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | パラグライダー>バリ島>2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年09月15日

バリ島旅行記 ティルタ・サリ公演 ユリアティ、ビダニ姉妹の舞踏に感激♪ (2007/9/7)

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

tabisuruindonesia_400NHKで2005年4月から繰り返し放映されたアジア語楽紀行 〜バリ・ 旅するインドネシア語〜”

一昨年バリを初めて訪れ、インドネシア語に興味をもった私が初めて教材としたのがこの番組だった。進行役を務めていたのは、 バリ島プリアタン生まれで、舞踏団”ティルタ・サリ(Tirta Sari) ” に所属し、「50年に一人の逸材」と言われる踊り手でもあるユリアティ嬢 (Gusti Ayu Sri Yuliati) 当時は国立大学で会計学を学ぶ学生でもあった。
※ ユリアティの家族の紹介はこちら

 この番組を通じて私もユリアティのファンとなり、彼女が所属するティルタ・サリの公演をバリ島で一度見てみたいと思っていたが、 今年ようやくその機会が訪れた。ただ、現在脚光を浴びているのは彼女の妹であるビダニ嬢 (Gusti Ayu Sri Bidani)で、 ユリアティは現在ステージには立っていないようだと聞いていたので少しガッカリ。 ※あとでこれは嬉しく裏切られることになる♪

 9月7日、金曜日。金曜日は週1回のティルタサリの定期公演がウブドに近いプリアタン村で開催される日だ。 夜7時過ぎに会場に到着したときにはすでに大勢の観客がやって来て、ステージ正面の席はほぼ埋まっていた。 入場料はRp.75.000-

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 22:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | パラグライダー>バリ島>2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年09月12日

バリ島最終日 &無事帰国しました

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 11日深夜バリを出発、12日早朝関空に到着、その後乗継便にて無事福岡まで戻ってきた。

 往復を除き9日間のバリ滞在期間中は十分にバリ島を満喫。11日は今回バリ島で集合したフライヤー仲間の皆さんも順次帰国される。 ぜひ締めくくりのフライトをと考えていたら、そんな気持ちに応えてくれるかのように極楽のフライト条 件となった。

CIMG4217800CIMG4227800

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | パラグライダー>バリ島>2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年09月10日

バリ島8日目(9/10) 残すはあと2日 Anginnya bagus ♪

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 バリ島滞在も残すところあと1日となった。楽しかった今回の旅行も明日夜にはここを発って日本へ戻らねばならない。

 いまサヌールの通り沿いに新設されたホテル併設のオープンカフェレストランで1人夕食を摂りながらノートPCでこの記事を書いている。 ここ数日来バリ島の夜は涼しくとても過ごしやすい。

 通りを挟んで向かいの寺院では夜になるとガムランの演奏が行われていて、 レストランから眺める風景とガムランの生演奏とが相まって至高の雰囲気を醸し出している。

 バリ島に来て1週間が過ぎ、ここでの暮らしにもすっかり慣れてしまったのか、これまで早朝4時半には鳥の声で目覚めていたのが、 ここ数日鳥の囀りも耳に入らず起床はケータイの目覚まし頼りになってしまった。

20070910_140255_EX-S770 _800  ここ数日強かった風も落ちて、昨日はティンビスも絶好調だったようだ。 今日もエリアに到着した頃は既にとてもBagusな風となっていた。

 さっそくテイクオフし、グヌンパユン寺院上空に到達すると既に数機がニッコーホテルまで達していた。 ただ私が飛びはじめた時間帯グヌンパユン寺院上空はリフトも弱く、 ニッコーまで届きそうにはなかったので折り返してテイクオフ西方をフライト。 石切場上空〜別荘地上空では強いリフトがあり随分と高度を稼くことができた。 しばらく茨城千葉のKさんと並走し、写真や動画を撮影する。

20070910_144912_EX-S770 _800 20070910_144956_EX-S770 _800
      茨城千葉のKさんを上空からしばらく写真や動画で撮影

 2回目のフライトではニッコーまで届くもののホテル上空のリフトが弱く急いで引き返す。 再びグヌンパユン上空で上げ直し再びニッコーに到達するがついに撃沈。石切場手前の道路に下ろした。

 テイクオフに戻るとショッピングセンターで購入していたドリアンを皆で食べる。 大きな房ごと喰らいつきまったりとした食感に鼓をうった。

 上空では千葉のKさんがいつまでも楽しそうに上空を飛んでおられる。夕刻になってますます条件は良くなったようだ。

 明日は最終日。今日のように絶好のコンディションが続いてほしいものだ。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 22:41 | Comment(6) | TrackBack(0) | パラグライダー>バリ島>2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バリ島7日目(9/9) スキューバ体験ダイビング  ミニ・デジカメの正体と実力のほどは その2

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 今回の旅ではパラグライダーだけでなく、ダイビングポイントの多いバリ島でスキューバダイビングを初体験しようと思っていたが、 ようやくその機会がやってきた。

 催行はサヌールにあるシードラゴン(SEA DRAGON)ダイビングサービスにお願いした。 午後ホテルに迎えにきてきてくれたインストラクターのTさんはとてもチャーミングで感じの良い女性だ。こちらに来て5年になるとのこと。 ホテルで受付と支払いを済ませ車で約5分の海岸へ向かった。

 海岸のレストランで10分ほどレクチャーを受けたあと、さっそくウェットスーツを着て海岸から小型船に乗船。 2〜3分ほどで少し沖合いの初心者用ポイントに到着。船から海に下りると呼吸の仕方を2〜3分試してからさっそくダイブとなった。

PICT0035_800  PICT0036_800
    今日のサヌールの海岸。ホテルから車で約5分で到着 

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 09:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | パラグライダー>バリ島>2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年09月09日

バリ島6日目(9/8) ホテルニッコー上空はBagusでした

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 昨日は観光で過ごしたが、昨日に続いて今日も風が強いとの情報で、 しばらく市内ショピングセンターを回りエリア到着は午後2時を過ぎてからとなった。それでも風はなかなか収まりそうにない。 それでもここでパラグライダーを教えているフランス人ベルナールは市内からの欧米人ツアー客を相手にタンデム機で次々と観光フライトをこなしている。 また東京のOさん一人も、さずがにティンビスがホームエリアとあって、斜面から颯爽とテイクオフし長時間のフライト。

 本日夜帰国となる九州チームは、初日飛べたとはいうものの何とか最終日のフライトもできればと午後5時頃まで風待ちを続けた。 5時を過ぎダミーを兼ねテイクオフ斜面から私がテイクオフ。足が滑って上がってきた機体を確認できず、 機体が大きくふら付いてしまったが何とか空中に飛び出すと、上空は強いながらも安定した状態。グヌンパユン寺院上空で高度を稼ぐと別荘地、 バロン寺院を回りこんで楽々とホテルニッコーへ。

20070908_173551_EX-S770 _800 20070908_173641_EX-S770 _800

 ホテルニッコー上空では強いリッジ風があちこちにあって、いくらでも飛べるコンディション。 約22分間上空を旋回しながら6時過ぎてから再びテイクオフに戻り海岸にランディング。 


 サポータのマデが程なく降りてきて回収をしてくれたが、 手馴れたサポータとはいえさすがに私のザックの重さには悲鳴を上げて何回も立ち止まっては急な崖道を担ぎ上げてくれた。 毎回サポータには感謝。

 ザックを車に積み込みティンビスを後にしたときにはすっかりあたりは暗くなっていた。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 09:57 | Comment(5) | TrackBack(0) | パラグライダー>バリ島>2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年09月08日

バリ島5日目(9/7) ウブド観光 1930年のバリDVDを入手

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 今日は午後からクラブメンバーに同行しウブド(Ubud)観光に出かけた。朝からサヌールの街にいても風が強かったが、 午後3時頃テイクオフの売り子のデシに電話して聞いてみるとまだ風が強いとのこと。 クラブメンバーも今日は安心して観光モードに切り替えできたのではないだろうか。

 私も前回まではゆっくりと観光などしたことがなく今回ウブドを散策するのも初めてである。 今回の旅行ではパラグライダー以外でのいくつか目的があった。そのひとつが、ここウブドのとあるカフェテリアだけで売られているという、 1930年のバリ島の様子を記録した貴重な映像DVDを買い求めることであった。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | パラグライダー>バリ島>2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年09月07日

バリ島4日目(9/6) 所属クラブのメンバー全員がフライト

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 バリ島に入ってからのブログ記事の投稿はホテルに近いインターネットカフェから書き込んでいる。 朝食後ばたばたと記事を作成しているので、読み返してみると誤字脱字が要所にあるのに気づいたがご勘弁を。

20070906_091745_EX-S770 _800 20070906_102519_EX-S770 _800

 朝食は併設の新しいレストランで   近くのインターネットカフェでブログ送信

 昨日は9/5夕刻バリ島入りした所属クラブのメンバーとともに昼食を済ませてティンビス向かった。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 11:40 | Comment(3) | TrackBack(0) | パラグライダー>バリ島>2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年09月06日

バリ島3日目(9/5) Bagus ! ホテルニッコー往復3回(115分)

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

※写真をクリックすると拡大表示します。 本文に戻るには写真の枠の外をクリックするか拡大写真右下のCloseボタンをクリックしてください。

 バリ島に来て以来連日好条件が続いている。毎晩ホテルについてからは写真データのバックアップと動画編集に追われていて、 ゆっくりブログ記事を書く時間がない。とうとう昨晩は記事を書けず今頃になってから簡単なレポートを買いている。

 昨日3日目はこれまでで最高のコンディションとなった。テイクオフからインド洋は、一昨日、 昨日まで満々と海水を湛えていたのが今日は一転して遠浅となっていた。風は昨日より強く7mほどの風がほぼ正面から入っている。

 強い風に煽られテイクオフがなかなかうまくできないでいたが、そこは手馴れたローカルサポーターのおかげで空中に飛び出すと、 強いリッジ風を捉えて楽々とグヌンパユン寺院上空に達すると。そのまま一気にホテルニッコーをめざし約8分で上空に。

 20070905_154818_Caplio R3 _800  20070905_154913_Caplio R3 _800
      ホテルニッコー上空で東京のOさんを撮影

 しかし戻りの足は遅く高度も落ちてバロン寺院前では地上約10mにまでなってしまったが、 ここまでくれば再びリッジを捉えて上昇しテイクオフまで戻る。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 11:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | パラグライダー>バリ島>2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年09月05日

バリ島2日目 リッジで粘るも海岸ランディング

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 バリ島2日目の9/4も天気には恵まれたが、昨日に比べて風も弱く、南よりの風が入る中で、リッジ(斜面上昇風) が取れる範囲が狭く、テイクオフから東はグヌンパユン寺院、 西方は別荘地手前の石切場までを何度も往復しながら約1時間ほど条件が好転するのを上空で待ったがとうとう海岸に降りてしまった。

 今晩は東京からバリ島がホームエリアの常連Oさんが夜バリ島に到着される。昨年からメールや掲示板、 ミクシーでやり取りはさせていただいているが、お会いするのは今回が初めて。 パソコンや動画撮影のことなどいろいろと情報交換をさせていただくのがとても楽しみだ♪

 また明日から私の所属クラブからも数名が合流する。 好条件が続く9月のティンビスもこれからしばらく大勢のフライヤーで賑わうことになるだろう。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | パラグライダー>バリ島>2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年09月04日

バリ島ティンビス初日9/3 ティンビス〜ニッコーホテル 2フライト

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 昼食後ティンビスエリアに向かう。途中の練習場で講習生を見かけた以外ティンビスにはまだ誰もフライヤーの姿はなかった。 先日から中国人のグループが来島しているようだがグヌンパユンのテイクオフにいるらしい。とローカルのサポータたちも徐々に集まりはじめ、 サポータや売り子の女性たちとも再会の言葉を交わしたのちインド洋を見下ろすテイクオフに立つ。

 大潮だということで昨年とは見違えるほど満々と水を湛えた海と遠くから打ち寄せる一際大きな波が印象的だ。 3週間前腰を痛めたときには今年の再訪は無理かとも考えていただけに、 再びここに立ってインド洋を眺めることができたことが本当に嬉しかった。

 大潮のためか海面には延々と大きな白波が打ち寄せているが、風は5〜6m/秒とやや左サイドながら十分にフライトは可能なようだ。 腰の調子とも相談しながら無理せずフライトしようとしばらく他のフライヤーのフライトを眺めたのち、14時半頃に私もテイクオフした。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 09:46 | Comment(1) | TrackBack(0) | パラグライダー>バリ島>2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年09月03日

バリ島サヌールでの朝を迎えて

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

20070903_062354_EX-S770 _800 バリ島サヌールの朝は騒がしい。 真夜中の5時前には鶏が鳴き始め6時頃には一斉に野鳥たちが囀り始める。バリ島では日常に風景も日本の都会では遠い昔の記憶だ。 コテージの外から響いてくる鳥の囀りで眠りから目覚めたとき、ああ無事にバリ島までたどりついたのだと安堵の気持ちが溢れた。

ギックリ腰の再発から3週間、一時は旅のキャンセルも覚悟したが何とかリハビリに努めたおかげで痛みは治まってきていた。 しかし20kg近いパラグライダーの装備、トランクやカバン一杯のパソコン、電子機器類など重量のある手荷物を持参できるか、 また7時間以上も飛行機の座席に座り続けることができるか不安を抱えたままの出発となった。

 幸い大事には至らず、朝6時半に自宅を出てバリ島ン・グラライ空港に到着したのは現地時間夕刻5時半。(日本との時差は1時間)   20070902_164701_EX-S770 _800

 空港では到着便が重なって入国審査通過に4〜50分近くかかった。

 パラグライダーフライヤーにとって鬼門とも思える問題の税関では、 案の定大きなパラグライダーザックに目を付けた係官からそれはパラシュートかと聞かれる。 仕方なくそうだと答えるとそのまま待つように言われ別のテーブルにいた上席の係官を呼んできた。 私はこれまでパラグライダーについてとやかく言われた経験はなかったが、ここ数年の他のフライヤーの体験談を読んでおり、 その後どういうやりとりになるかは想像はついていた。「自分自身で使うのかそれとも誰かに売るつもりか」「何日滞在するつもりか」 「使い終えたらまたここに持ってくるか」「新品で買ったらいくらくらいするもか」など予想通りの質問に対して、 用意しておいた昨年までのフライト時の写真アルバムを見せ、自分自身で使うものだと主張。しばらく写真を眺めていた上席から「ま、いいやろ」 との返事をもらうまでそれでも5分程度かかった。

 その後タクシーでサヌールのホテルに入り、昨日到着されていたニュージーランド在住のKoさん、 フライヤーの空港送迎から戻られたぷーたさんと再会を祝し乾杯を挙げた。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 09:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | パラグライダー>バリ島>2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年09月01日

PC不要 究極の格安国際通話になるか Skype To Go

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 Skypeが今年6月に開始した有料(月額300円)パッケージサービス”Skype Pro” に含まれる新機能”Skype To Go”を使うと一般の固定電話・ 携帯電話から国際電話を国内通話料並の価格でかけることができるというのでさっそく加入してみました。

 Skypeユーザならご承知の通り、Skypeの最大の魅力は電話料金の安さです。 Skypeユーザー同士なら通話料がかかりませんし音質も抜群に良いです。またSkypeから固定電話など一般の電話にかける場合も” Skype Out”というサービスを使えば有料ながら(世界の主要30カ国では1分あたり2.38円)格安での通話が可能になります。

 ”Skype To Go” はこの”Skype Out”を海外にまで拡げたサービスと考えればわかりやすいかと思います。

 仕組みは、Skype Proに加入すると、Skype To Goの電話番号が1つ利用できるようになります。 次にこの電話番号と、海外の通話先とをリンクする設定をしておきます。

 Skype Proへの加入と、上記設定をしておくだけで、” 一般の固定電話や携帯電話から”Skype To Go番号に電話をかけることで、 事前に設定した海外の電話との通話ができるのです。

 Skype To Go番号はユーザーのいる国内の電話番号(050で始まるIP電話番号)となるため、国際通話料金は課金されず、 代わりに国内通話料金と、外国へのSkypeOut料金(世界の主要30カ国では1分あたり2.38円)の合計が課金されます。

  

 ここでもう気づいた方もおられるかもしれませんが、”一般の固定電話や携帯電話からかけてもSkype Out料金で済む”ということです。

 Skypeのこれまでの常識はPCとインターネット環境下で、Skypeアカウントを使わないとかけられませんでした。 PCやSkypeアカウントを持たない家族、友人が電話したり、ユーザ本人でも外出先から海外へ電話しようとすれば、 もはやSkypeは使えず、せいぜい国際電話カードを使う以外に国際電話を安くかける方法はなかったのです。

 この常識は”Skype To Go”で覆されたといえるでしょう。一般の固定電話、携帯電話から、また誰がSkype To Go番号に電話をかけても、予めユーザが設定した海外の電話番号にかかります。

 どうしてSkypeを使わずに格安の通話ができるか興味がある方はこちらの記事をお読みください。

 留意点は設定できる海外の電話番号は1つのみであり、番号の変更は1週間ごとにしかできない点でしょう。

 実は私も旅行先でのケータイ番号を海外の接続先電話番号として登録したのですが、1ケ番号を誤って登録してしまいました。 修正は9月6日以降でないと行えません(涙) 正しく修正できたら家族、友人へはSkype To Go番号を連絡しようと思います。 11日までは旅行中ですのでどんなものなのか興味がある方は私まで電話をかけてみてください。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 10:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 特選ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。