最近の記事
(01/03)Webサイトを丸ごと保存し、iPhoneでオフライン表示させる 〜WebsiteExplorer+GoodReader(WindowsPC)
(01/02)iPhone カメラロールの保存先フォルダー
(10/26)ECサイトについて勉強中
(09/08)GoPro HD ファームウェアアップデートがようやく公開
(09/03)ヤフオク落札品で空撮機材製作中
(08/16)ルービックキューブ 神の数字は「20」と証明 〜iPhoneアプリ CubuCheater(公開停止)は何手で完成?
(08/15)kobank.jp 「パラグライダー用語辞典」 
(08/14)超すすすめ 〜無料オンラインストレージ NEVER Nドライブ
(08/13)iPhone備忘録 〜必見! iOS4.02にアップデートしない(できない)場合でも最低限やっておきたいこと PDF Patch (要JB)
(08/03)iPhone備忘録 〜カメラシャッター音を消す
(07/31)完成! 3Dパラグライダームービー 〜編集後記
(07/28)YouTube、Flash動画・アルバムの全画面表示(フルスクリーン)で真っ白になったときの対策 〜ハードウェアアクセラレーションをオフ
(07/16)StyleTap iPhone版が新発売 〜フライトシーンを変えることになるかも
(07/16)Google Earth 5.2 〜軌跡トレースのアニメーション化で苦戦中
(07/15)パラグライダーヘルメットをカメラヘルメットに改造 第3弾 〜 GoPro HERO専用ブラケット取付
(07/13)iPhone3GS備忘録 〜UserAgent関連サイト
(07/12)iPhone3GS備忘録 〜iTunes同期にケーブル不要 Wi-Fi同期できるWi-Fi Sync(要JB)
(07/12)一夜漬けで学ぶ今年(2010年)の異常気象
(07/11)iPhone3GS備忘録 〜iPhoneをアルチバリオメータ化するアプリ theVariometer iVariometer
(07/10)iPhone3GS備忘録 〜TinyUmblleraでiOS 4のECID SHSH1を取得・保存する
2007年02月27日

SoftBank X01ht カスタマイズ (3) Google Maps 衛星画像でGPS表示 (その3)

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

関連記事  SoftBank X01ht カスタマイズ (3) Google Maps 衛星画像でGPS表示 (その1)
          SoftBank X01ht カスタマイズ (3) Google Maps 衛星画像でGPS表示 (その2)

 Google Mapsの日本語化ツールがhtc Fan Siteの方にアップされているのを知り、さっそくダウンロードしてみた。起動するときちんと日本語化され、 いっそう使いやすくなった。作者のKzouさんに感謝。

 リンク Google Mapsの日本語化MUI

日本語化前と日本語化後のサブメニュー比較

   20070225123512   20070225163333
      日本語化前               日本語化後

 画像をクリックすると拡大表示されます

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年02月26日

SoftBank X01ht カスタマイズ (3) Google Maps 衛星画像でGPS表示 (その2)

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

関連記事  SoftBank X01ht カスタマイズ (3) Google Maps 衛星画像でGPS表示 (その1)
        SoftBank X01ht カスタマイズ (1) Bluetooth GPSを接続 (その3)

 Google MapsのGPS機能を確認しようと、 BluetoothGPSとともに自宅周辺で実験してみた。

まずはBluetoothでGPSを認識させ、Google Mapsを起動。[Menu]-[Track Location (GPS)]をタップ。タップ後現在地がGoogle Maps上にリアルタイムで点滅表示されるようになった。位置も正確なようだ。 携帯でこんなことまでできるのかと、しばし感動。

  20070225123512    20070225121109   
 Track Locationをタップすると直ちに現在地が点滅表示される

しばらく自宅周辺をバイクで走る。前のカゴにGPSを置いた状態だが、 Bluetoothは10mほどの距離であれば問題なく通信は可能で、途中受信が途切れることはなかった。

   
   SoftBank 3G携帯X01htとBluetoothGPS      GPSをバイクのカゴに入れて自宅周辺を走ってみた

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年02月25日

SoftBank X01ht カスタマイズ (3) Google Maps 衛星画像でGPS表示 (その1)

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 Google Earthを使ったリアルな3次元カーナビが日本で発売されたら・・・・

下はGoogleがフォルクスワーゲン、NVIDIAと共同開発中のカーナビの写真。 昨年2月ラスベガスの展示会で発表されたプロトタイプとのこと。日本発売もそう遠くないかも知れない。
 関連記事  

   Figure-11_lr  Figure-3_lr

Googleが無償で提供するGoogle Erathのリアルな衛星画像には感動ものだったが、 もしこんなカーナビが日本で発売されれば欲しいと思うのは私だけではないだろう。

                           ■ ■ ■ ■ ■

 と、少し道を外れたが何かと目を離せないGoogleがWindows Mobileで”Google Maps”が利用可能になるソフトウェアを2月から無償で配布開始しているとの情報を得た。 これまでPC上でしか利用できなかったGoogle MapsがWindows Mobileを搭載したSoftBnakのX01htでも動作するというのだからさっそくダウンロードしてみることに。 ダウンロードはこちらで。 外部メモリーへのインストールもOK。

今回配布が開始されたGoogle Mapは、米国内のユーザー向けのもので、要な米国都市エリアの交通情報や、 目的地までのルート表示、マップ上に表示されている場所の詳細な情報の確認などまさに携帯版カーナビの仕様である。 さらに何といっても興味深いのはこの Windows Mobile版がGPSにも対応していることである。

残念ながら今回のリリース版では日本での地図表示ができないが、衛星画像は表示できる。また日本語検索ができるのはうれしい。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SoftBank X01ht カスタマイズ(2) 携帯電話でSkype無料通話を (その2)

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

関連記事 携帯電話でSkype無料通話を (その1)

X01htでSkypeを使うためにはWindows mobile用のSkypeをインストールする必要がある。
正式版はSkype2.1だが、X01htではβ版のSkype2.2βataが使える。2.1に比べて動作が軽快との評価もあり、 こちらをダウンロードしてみた。参考まで末尾にインストール手順を書きとめた。

無線LAN接続後Skypeを起動。Skype IDとパスワードを登録すれば登録済みのコンタクトなどもちゃんと表示される。

  20070224011010   20070224010745  20070225111430
 プロフィールID部分はマスクをかけているが正しく表示されている。

注意:2.1は外部メモリー(micro SD)へのインストールもOKだが、 2.2βataは外部メモリーへのインストールしても動かなかった。必ずデバイスへインストールを行う必要がある。 (2007.2.24現在)

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 11:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | Windowsケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年02月24日

SoftBank X01ht カスタマイズ(2) 携帯電話でSkype無料通話を (その1)

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

今回はX01htを普段は通常の携帯電話として使いながら、 無線LAN環境ではSkypeを使って無料通話も行えるパワフルな使い方に挑戦。

Skypeといえば通常の電話と同等もしくはそれ以上の高音質で世界中と無料通話が楽しめるフリーのソフトウェア。 お互いがインターネットに接続されたPCにインストールするだけで無料で通話ができるし、SkypeOut機能を使えば、 固定電話や携帯電話向けの国際通話も格安で通話が可能となる。日本国内からの通話料はこちら
ソフトは無料で配布されており、 すでに使われている人も多いだろう。

 当初はヘッドセットで通話するスタイルだったが、その後Skypeソフトウェアを内蔵できる電話機型のUSB接続端末が登場.。 インターネットカフェや勤務先などでUSB端子に接続するだけで内蔵のSkypeが起動し、 自宅の使用環境のままSkypeが使えるようになった。

Logitec Skype専用 無線LAN携帯端末

 さらに現在では、Skype専用無線LAN端末も発売されている。 これはパソコンを介さず無線LANアクセスポイントにダイレクト接続できるSkypeソフト内蔵の専用端末で、 PCとの接続ケーブルもなく、PCの前に座っている必要がない。自宅では無線LANで、 外出先では公衆無線LANスポットを利用して通話ができるのは便利だ。但し無線LAN圏外では使えないし、 携帯とは別に持っていくのは何かと荷物だ。

 SoftBank 携帯電話のX01htユーザならば、わざわざこのような無線LAN端末を別途購入しなくても、 X01htをSkype端末として使うことができる。無線LAN圏内ならSkypeに切り替えて使うことが簡単に行える。 さっそくセッティングを始めよう。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | Windowsケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年02月22日

SoftBank X01ht カスタマイズ(1) Bluetooth GPSを接続 (その3)

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

関連記事 SoftBank X01ht カスタマイズ(1) Bluetooth  GPSを接続 (その1)
       SoftBank X01ht カスタマイズ(1) Bluetooth  GPSを接続 (その2)  

 その2までの手順ではX01htの画面から[設定]-[接続]をタップしてもGPSアイコンは表示されていない。 Googleで検索してみると先達の”ホタパパの”我的最愛”電脳日記” に接続成功事例があり、海外フリーウェアのfit4cat Helmes Tweakerをインストールするとの説明があった。

さっそく所在を探しインストールを行ってみる。 ドイツ語のサイトでありダウンロードにはメンバー登録が必要なためやや面倒であったが無事にダウンロードできたので手順を書き留めた。

fit4cat Helmes Tweakerのダウンロード手順 V1.1a(2007/2/20現在)

(メンバー登録済の場合は3へ)
1 こちらで必要事項を入力したら (質問項目はドイツ語です)Registrierenをクリック
2 フォーラム画面が表示されれば登録完了

3 こちらのHelmes Tweaker収録ページにアクセス
4 解説図の後にあるDownload Windows Instrallerをクリック
5 fit4cat_Helmes_Tweaker_Setup_V1[1].1a.zipをPCにダウンロード
6 zip解凍後にできるfit4cat Helmes Tweaker Setup.exeを実行しX01htにインストール
 (あらかじめActivsync起動しておき、PCとX01htを接続しておくこと)

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 22:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | Windowsケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パラグライダー 9946mから奇跡の生還 (その2) 計器が証明

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 関連記事: パラグライダー 9946mから奇跡の生還  (その1) オーストラリア マニラ
        yahooニュース 嵐で上空1万メートルに巻き上げられたパラグライダーが生還=豪州

オーストラリア マニラでのパラグライダーアクシデントについてはこちらで書いたとおりですが、

・奇跡的に生還したEwa Wisnierska選手の計器表示を見つけました。ニュース動画からキャプチャしたものです。 間違いなく高度はA1: 9946mとの表示が。(A3: 14975mというのは何なのでしょう)。最大上昇率20.2m/sは7分ちょっとでエベレスト登頂した計算に!

  

・また当日の現地でのフライトの様子を撮影した写真はこちら。 最初のうちは雲も少なく晴天で好条件に思えますが、その後急速に雨雲が発達した様子がわかります。 垂れ込めた雲の直下にはまだたくさんのパラグライダーが飛んでいます。

海外のフォーラムでは、彼女のGPSトラックログについて話題になっていますが、 警察に提出中のためかまだアップされたものはないようです。どなたか気づかれたら私にも教えてください。
なお、以下はEwa Wisnierska選手のインタビューでの受応えに関する記事です。

Ewa sucked into storm and lives to tell

February 16, 2007 from SMH.com.au

A German paraglider survived lightning, pounding hail, minus 40-degree temperatures and oxygen deprivation after a storm system sucked her to an altitude higher than Mount Everest. Ewa Wisnierska, 35, passed out due to a lack of oxygen and flew unconscious for up to an hour covered in ice after reaching an altitude of 9947 metres - near the cruising height of a jumbo jet. The champion sportswoman's survival was like "winning Lotto 10 times in a row", Australia's most experienced paraglider says. Wisnierska says experience told her she had no chance of survival, but a doctor told her that blacking out had saved her. "It was because that I got unsconscious because then the heart slows down all the functions - it saved my life," she told ABC radio. Froze to death A Chinese man who flew into the same storm near Manilla in northern NSW on Wednesday did not share Ms Wisnierska's luck. He Zhongpin, 42, was found 75 kilometres away from his launch site, and most likely suffocated or froze to death after being sucked into the storm, hang gliding experts say. Ms Wisnierska's top speed of ascent was clocked at 20 metres per second and her descent at 33 metres per second by an on-board tracking system, she told ABC radio. She described the violence of the storm system as "amazing". ''You can't imagine the power - you feel like nothing, like a leaf from a tree going up,'' she told the ABC. "I was shaking all the time - the last thing I remember it was dark, I could hear lightning all around me. "I knew I was in the middle of the thunderstorm and I could not do anything. I knew the chances to survive are almost zero "From the theory, I knew the chances to survive are almost zero, I knew I can only have luck, I can't do anything - and I got it." Wisnierska had been training for the upcoming Paragliding World Championships when she was sucked into the violent storm. She regained consciousness in mid-air up to an hour later. "I wanted to fly around the clouds but I got sucked 20 metres per second up into it and started to spiral," she told smh.com.au. "After 40 minutes or an hour, I woke up and I was 6900 metres. "I was still flying but I realised I didn't have the brakes in my hand. "I saw my hands and the gloves were frozen, and I didn't have the brakes, and the glider was still flying on its own. "I was thinking I can't do anything so I only have to wait and hope that the clouds were bringing me out somewhere. And then I woke up "And then I woke up and was thinking I was maybe unconscious for one minute. "I didn't know I was unconscious for so long." Godfrey Wenness, the president of the Manilla Sky Sailors club and organiser of the upcoming Paragliding World Championship, said Wisnierska's tale of survival was mind-blowing. "It's like winning Lotto 10 times in a row," he said, noting that the previous altitude survival record for a paraglider was 24,000 feet. "[Wisnierska] flew underneath a storm cloud and got sucked up to 30,000 feet. She was unconscious for about half an hour. She regained consciousness at 20,000 feet and then flew down and landed safely. "She was covered in ice. She suffered from severe frostbite. The temperature at that altitude was about minus 50 degrees. It's higher than Mount Everest." Mr Wenness said her injuries were severe. Her ears nearly got frozen off "She's got bruises all over her body from the hail stones and she's recovering from frostbite to her extremities. She's got bandages over her head because her ears nearly got frozen off." "She just remembers going up, lightning around her in the cloud and she doesn't remember anything until coming to again." He said the size of the hail stones was up to 15 centimetres in diameter. "Apples, oranges, up to rockmelon size. And her glider kept flying perfectly which is the amazing thing in this whole thing. "Basically she can't believe that she's alive.' Sergeant Scott Tanner of Manilla police said Wisnierska landed between Barraba and Niagra, 60 kilometres away from her launch site. "She was treated in hospital and discharged with frostbite injuries to her face," he said. A Bureau of Meteorology spokesman said the temperature in the storm at 9,000 metres would have been lower than minus-40 degrees. Body found 25 kilometres from Bingara The body of Mr He was found by the Westpac Rescue helicopter 25 kilometres south-east of Bingara in northern NSW about 2pm yesterday. He, a member of the Chinese national paragliding team, was in training for the Paragliding World Championships, which start next week in nearby Manilla. The paraglider, who had 10 years' experience in the sport, was last seen about 3pm on Wednesday as thunderstorms were moving into the area. Hang Gliding Federation of Australia general manager Chris Fogg said Mr He was probably sucked into the cumulonimbus storm system and propelled to high altitude. "We assume he was taken to an altitude where he may have suffocated and may have become radically chilled," he said. "At the top of thunderstorms is typically where hail forms and there's lots of agitation and turbulence. Below zero "I understand he was above 9000 metres so that's below zero [degrees]. "This system one sounds as if it was pretty strong - he could have been taken up at 1200 feet a minute and beyond. "Most pilots will try to get down to the ground before they get close to something like that." The glider piloted by Mr He would have continued flying even if he had been unconscious, Mr Fogg said. Mr Wenness yesterday said the paragliders were among 200 people taking part in a routine training flight. "The other flyers in the area had given the stormclouds a "wide berth", he said. "Maybe he was trying to thread the needle between two cells, but we don't know," he said. Mr Wenness said more would be known after data retrieved from the GPS instruments carried by the man had been used to map out his exact flight path. Storm cell building Mr Wenness said the storm cell had been building since the early morning, and all paragliders had been briefed about the danger before beginning their training flights. "You do not fly anywhere near them - not even 747s fly through storm cells," he said. Mr Wenness said if the paraglider had deliberately steered into the storm cell, it was not just a risk but a decision that was "99.9 per cent" likely to lead to his death. The Paragliding World Championships begin in Manilla on February 24. It is the first time the event has been held in an English-speaking country.

 

YouTubeにはドイツでのニュース番組もアップされていました。
URL: 
http://www.youtube.com/watch?v=lF8SEssMkG8

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | パラグライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年02月21日

Softbank X01ht カスタマイズ(1) Bluetooth GPSを接続 (その2)

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

関連記事  Softbank X01ht カスタマイズ(1) Bluetooth GPSを接続 (その1)

Bluetooth GPS をSoftbank 3G携帯電話X01htに接続する手順を紹介。GPSはGlobal Sat社BT359Wを使用しているが他のBluetooth GPSもほぼ同様と思われるので参考にどうぞ。

各サムネイル画像をクリックすると拡大表示されます

1 GPSの電源を入れる
2 コミュニケーションマネージャーから[設定] -[Bluetoothの設定]をタップ
3 [モード]タブで"Bluetoothをオンにする”にチェックを入れる

  20070221000843

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年02月20日

パラグライダー 9946mから奇跡の生還 (その1) @オーストラリア・マニラ 動画あり

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 2007/2/24〜3/9にかけてオーストラリア マニラで開催されるパラグライダー世界選手権。 ぞくぞくと選手たちも集まり本番に向けて練習を行っているようですが、公式ホームページに掲載されていない大きなアクシデントがあったようです。 こちらでは詳細を知る術もないため、すでに公開されている新聞報道(英語)から概要を伝えるに留めますが、

練習中に突然襲ったThunderStormによってフライト中の選手が一気に10,000m近く持ち上げられ、 うち1名の中国人男性パイロットが死亡したというのですが、 いま一人西ドイツチームの女性パイロット(ポーランド出身) は9946mの高度から奇跡的に生還したというのです。

第1報を知らせる記事はこちら。スクロールで全文が読めます。

関連記事:yahooニュース 嵐で上空1万メートルに巻き上げられたパラグライダーが生還=豪州

"Paraglider Survives Being Sucked into Storm Cloud"

 4:08 pm, 16 Feb 2007   (News Wire co.nz)

 A German paraglider pilot is recovering in northern New South Wales after what experts say is an incredible survival story.

The woman and her paraglider were sucked into a storm cell near Tamworth earlier this week and rapidly lifted to about 30,000 feet.

She was one of 200 people taking part in a training flight ahead of the world paragliding championships.

Godfrey Wenness from the Hang Gliding Federation of Australia says she was without oxygen and unconscious for about an hour.

Mr Wenniss says what the woman went through was similar to climbing Mt Everest in less than 15 minutes.

The body of a Chinese paraglider who died in the same storm was recovered yesterday.

また生還した西ドイツの女性パイロットが当時の恐怖の体験を語った記事とニュース番組をアップしました。 

"Paraglider Pulled 6 miles High by Storm -- and Lives to tell about It" 

(ABC News)

Feb. 16, 2007 ? Ewa Wisnierska is a champion German paraglider. But she never expected to scale the heights she did over eastern Australia.

She was on a practice run when the updraft from a thunderstorm pulled her all the way from 2,000 feet to 32,000.

That's 6 miles up ? cruising altitude for most jetliners. Their cabins are pressurized to protect passengers from air that is only about a third as dense as it is at sea level. They're also insulated to protect passengers from temperatures that usually reach 50 degrees below zero.

 

Nearly an Hour in the Air

 

"The glider kept climbing, climbing, and I couldn't see anything," said Wisnierska, safely on the ground today in Manilla, Australia. "Then it got dark. I was already shaking, all wet, all instruments were frozen. And then I could hear the lightning around me … and I said, 'Oh, no, please, not there.' "

Incredibly, she has little more than a few bruises and mild frostbite ? after nearly an hour, mostly unconscious, tossed around in the upper reaches of the storm.

"I was only praying, 'Please, please, throw me somewhere from this cloud,'" she said.

Paragliders routinely look for updrafts to keep them in the air ? but they rarely go more than a few thousand feet high because the air gets too thin.

A fellow glider died in the storm. He Zhongpin, 42, from China, was apparently killed by the cold and lack of oxygen. His body was found nearly 50 miles from the launch site.

Doctors said passing out may have saved Wisnierska. Like an extreme diver practicing relaxation techniques under water, she was in a state where her body needed less oxygen.

She regained consciousness at an altitude of about 1,500 feet, and landed safely, her flight suit encrusted with ice.

 

 

"I could see the earth!" she told Australia's Channel 9. "Wow, like Apollo 13! I could see the earth!"

 

 

"Obviously, if the paraglider hadn't stayed the right way up it would have been really, really difficult for her," said Ken Harrison, one of the doctors who came to her rescue. "I also think that it is a kind of medical miracle that her body was able to cope with that."

 

 

Wisnierska stayed only an hour in the hospital ? and says she plans to be back in the sky next week.

なお、その後の報道では男性の直接の死亡原因は体に落雷を受けたとの警察の見解も発表されています。 亡くなられた選手のご冥福をお祈りするばかりです。

続きは パラグライダー 9946mから奇跡の生還  (その2) 計器が証明

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 23:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | パラグライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Softbank X01ht カスタマイズ(1) Bluetooth GPSを接続 (その1)

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 国内では一時完全にすたびれた感のあったPDAがこのことろ息を吹き返しはじめているようだ。 昨日13年ぶりに携帯事業に新規参入したイー・モバイルが発売予定のシャープ製端末「EM・ONE(エム・ワン)」 を発表したがX01htと同様スライド式で小型キーボードが使える。

              Microsoft Windows Mobile 5.0搭載のEM・ ONE
              音声通話機能はないがワンセグ視聴が可能だ

 

国内の大型家電店からPDAコーナーが消えようとしていた2、3年前から私が注目していたのは、 台湾のMiTAC製の 「DigiWalker Mio 168(RS)」や「Mio P350」、D-Media System製の「inView N911」 といったGPS内蔵のPDAである。※音声通話(電話)機能はない。

 

左:inView N911 右:Mio168

 世界のカーナビ市場の半数を日本が占めていると言われるが、 日本では20万円以上もする高性能なカーナビが主流なのに対して、欧米などでは携帯型が人気である。 GPS内蔵のPDAも携帯は国内では生産されておらず、台湾メーカ製のPDAの日本語版をGPSショップで購入する必要があった。

 しかしやがて携帯にもGPS機能が搭載されるようになると、多機能ではなくともその利便性から国内でも携帯ナビが人気となっている。 今後は4月からの緊急通報時の位置通報システムへの対応義務化に伴い、3G端末のGPS(全地球測位システム) モジュール内蔵が原則化されることから、一層携帯でのGPS活用が進み、 またPDAによるGPSカーナビへの対応が加速するのではないかと思っている。

 残念ながら今回購入したX01htはGPSは標準装備ではないが(注1)、 PDAの拡張性を生かしてGPSが利用できるようにしたいと思っていたので、ネットでの情報を参考に、 Bluetooth対応のGPSを購入し接続してみることに。

 購入したGPSは台湾Global Sat社製のBT359W。 Bluetooth2.0対応のGPSはまだ少ないが、接続事例が紹介されていたことから安心感もあって購入。購入先はこちら。(注2)

BT950W  BT950W
BT950Wは82mmX41mmX13mmと小型ながらSiRF StarIIIの高性能チップ搭載。 Bluetooth2.0対応。
右は背面の内蔵リチウムイオンバッテリーを外したところ。使用可能時間は最大11時間

 注1:こんな話題もあるにはあるが。
 注2:本機のBluetoothは日本国内における技術適合証明を取得していません。日本国内での使用は電波法に抵触するので注意。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年02月12日

SoftBank X01ht (1) 携帯6年ぶりに買い替え

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 ことデジモノに関して新しいものにはかなり興味を惹かれる方だが、なぜか携帯に関してはカメラもない機種を使い続けて6年。 この間電池も取り替えずにいたと話すと結構周囲も驚く。MNP(ナンバーポータビリティ) も始まり選択の幅も広がったので6年ぶりに買い替えを思い立ち、今回選択したのはSoftBankのPDAタイプの電話機” X01ht” である。

 Vodafoneの買収、MNP開始後のドタバタなど何かとお騒がせ感のあるSoftBankだが、 世界標準といえるGSMでのVodafoneの知名度や技術、 特にSIMカード対応キャリアとしての実績から、 MNPはVodafone(現SoftBank)でと考えていた。

 候補はNokia製705NKとhtc製X01htに絞り込んだが、 本体を割賦購入した場合に特別割引が受けられる”スーパーボーナス”を利用するため、 2年間機種交換なしでもいろいろと遊べるであろうX01htに決めた。(3月に新しいPDA機種発売の情報もありかなり迷ったのだが)

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年02月11日

留学生から学ぶ外国語 インドネシア語クラス料理教室

       このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする      

 昨日はインドネシア語クラスの料理教室に参加。昨年5月から始まった講座(受講期間10ケ月全40回)も今月で修了となります。 料理教室は講座の中で開催されているものです。

2回目となる今回の料理教室での課題は”Soto Ayam (鳥のスープ)””Tahu Isi (豆腐の詰め物)”” Teri Kacang (いりことピーナッツの和え物)”の三種。

  

食材のほとんどは会場近くのスーパーでの買い物で調達しましたが、これにGuru(先生)がインドネシアから持ち帰ってきた” Daun Serai(レモングラス)””Daun jeruk(柑橘系の葉)”” Kemiri (キャンドルナッツ)””Bawang Merah (赤たまねぎ)”などの香辛料を加えると、独特のいい匂いが教室に溢れました。

  
    Teri Kacang を作っているところ    インドネシア料理には欠かせないSambalソースも自作

なかなか食材の名前までインドネシア語で覚えられず、また実際に作ったこともないだけに、 黒板に書かれた食材表を見てもはじめはさっぱり理解できませんでしたが、出来上がった料理を見ると食材や作り方への関心も高まりました。

いつかまた機会があれば自分でも挑戦してみようかと思います。

  
    できあがった3種のインドネシア料理。実においしかったです。

          このエントリーをはてなブックマークに追加       Evernoteにクリップする
posted by 飛梅 at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。